タグ:三井関連施設 ( 3 ) タグの人気記事

江戸東京たてもの園・旧三井八郎右衛門邸

a0110756_10513462.jpg
◆旧三井八郎右衛門邸
   ◎設計:不詳
   ◎施工:不詳
   ◎竣工:昭和27(1952)年
   ◎構造:木造2階建て
   ◎所在地:東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
   ◎旧所在地:東京都港区西麻布三丁目


このところ本ブログの方では、江戸東京たてもの園に移築された旧北尾次郎邸(江戸東京たてもの園ではデ・ラランデ邸という名称)ばかり紹介しています。たてもの園へは月に1~2度kペースで訪れていますが、時間に余裕があるなら、その都度他の建造物を見学していたりもします。そういう事で以前の訪問時撮影したのが、旧北尾次郎邸(デ・ラランデ邸)の向かいに建つこの和風邸宅です。三井財閥の11代当主・三井八郎右衛門邸の屋敷として、昭和27年に建てられたものです。
三井家の東京邸は戦災で焼失、三井家と縁の深い土地である麻布の笄町(現在の港区西麻布)に建てられたのがこの邸宅ですが、三井家の歴史と伝統を重んじたような重厚な作りになっています。但し昭和の作という事もあり、もの凄くモダンなキッチンルームや和室の全体的な構成などに洋風文化を十二分に吸収し、和風建築に適応した形跡が色濃く見れるのが、この屋敷最大の見どころと言えるでしょう。財閥解体後の作という事もあり、かなり質素な感じもしますが、三井家で長年培われてきた美的センスの良さが伺える素晴らしい作品だと私は考えます。

a0110756_1115820.jpg
a0110756_1126332.jpg
a0110756_1126955.jpg
a0110756_11262715.jpg
a0110756_1127389.jpg
a0110756_11272522.jpg
a0110756_11295029.jpg
a0110756_11285178.jpg
a0110756_11303331.jpg
a0110756_11293189.jpg
a0110756_1131825.jpg
▼引き続きの写真は下のMoreをクリックしていただくと、ご覧になれます。

More
[PR]
by tokyo-farwest-net | 2013-06-01 12:01 | ■東京・多摩地域 | Trackback | Comments(0)

旧三井銀行横浜支店

a0110756_2337355.jpg
◆旧三井銀行横浜支店(三井住友銀行横浜支店)
  ◎設計:トロウブリッジ&リヴィングストン建築事務所
  ◎施工:清水組
  ◎竣工:昭和6(1931)年3月
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート2階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区本町2-20


この建物は昭和6年に三井銀行の横浜支店として建てられたもので、本町通りに現存する数少ない戦前築の銀行店舗の一つです。なお今も現役の銀行店舗として使われているという意味でも、とても貴重な建物といえるでしょう。
建物外壁に施された6本のイオニア式オーダーが重厚な印象を与えるこの建物ですが、この2年前に竣工した日本橋の三井本館を手掛けた、アメリカのトロウブリッジ&リヴィングストン建築事務所が設計を担当しています。デザイン的には戦前の銀行建築によく見られる古典主義ではありますが、醸し出す雰囲気がそれらとどことなく違うのはアメリカの建築事務所が手掛けたからでしょうか・・・・・?。また内部は撮影不可とのことですが、天井には三井本館と同タイプのとても美しい装飾が施されており、こちらも見どころの一つです。

a0110756_23483711.jpg
a0110756_23503832.jpg
a0110756_23514693.jpg
a0110756_235481.jpg
a0110756_23545550.jpg
a0110756_2356023.jpg
a0110756_235924100.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-09-09 00:15 | ■横浜・関内 | Trackback(1) | Comments(1)

東京三田の三井倶楽部

a0110756_2344495.jpg
◆綱町三井倶楽部
  ◎設計:ジョサイア・コンドル(Josiah Conder)
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正2(1913)年
  ◎構造:煉瓦造り2階建て
  ◎所在地:東京都港区三田2-3-7


今回紹介するのは先日の旧簡易保険局の向いに建つ三井倶楽部。日本近代建築界の父といわれるイギリス人建築家のジョサイア・コンドル(1852~1920)の設計により、大正2(1913)年に竣工したものです。コンドルといえば現在丸の内で復元工事がおこなわれている三菱1号館の設計をはじめ、明治10年の来日から大正9年で亡くなるまで数多くの建築設計を手掛けた人物として知られています。
なお東京都内に残るコンドルの設計作品は、この三井倶楽部をはじめ台東区の旧岩崎邸、北区の旧古河邸、品川区の旧島津邸(現清泉女子大学)・開東閣など、いわゆる山の手の「お屋敷」が残っているというのも興味深いことです。先にあげたコンドル作品は、大正12年の関東大震災、昭和20年の空襲、戦後の再開発をものともせず、現代まで生き続けているというのも驚愕に値します。三井倶楽部は会員制クラブのため、撮影は門の外からだけですが、外からだけでも見る価値のある名建築だと私は思います。

a0110756_2354644.jpg
a0110756_2361866.jpg
a0110756_23882.jpg
a0110756_2393246.jpg
a0110756_23102638.jpg
a0110756_23104565.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-14 00:14 | ■東京・23区 | Trackback | Comments(2)