人気ブログランキング |

タグ:イギリス大使館、領事館 ( 3 ) タグの人気記事

旧下関英国領事館

a0110756_9534537.jpg
◆下関旧イギリス領事館
  ◎設計:ウイリアム・コーワン(英国工務所上海事務所)
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治39(1906)年
  ◎構造:煉瓦造2階建て
  ◎所在地:山口県下関市唐戸4-11
   ❖国指定重要文化財


別ブログで先週・今週と山口県下関市の旧秋田商会(大正4年築)と、旧赤間関郵便電信局(明治33年築)を紹介しましたが、そのすぐそばにあるのが旧英国領事館です。
七つの海を制した大英帝国は、日本においても東京の大使館のほか函館横浜長崎などに領事館を置きましたが、その中の一つが下関の英国領事館だった訳です。
設計は英国工務所の上海事務所に在籍していた、ウイリアム・コーワン(William Cowan)が担当。ちなみにコーワンは、この翌年に竣工する長崎英領事館の設計も手掛けていますが、両者ともとても似た作りになっています。小規模な作品ですが、大英帝国の誇りを感じられる作品です。

a0110756_9543988.jpg
a0110756_9551789.jpg
a0110756_957470.jpg
a0110756_9581942.jpg
a0110756_959587.jpg
a0110756_1004640.jpg
a0110756_1012635.jpg
a0110756_1031872.jpg
a0110756_103552.jpg
a0110756_105054.jpg

by tokyo-farwest-net | 2015-05-23 11:23 | ■山口・下関 | Trackback | Comments(0)

横浜旧イギリス領事館、横浜開港資料館

a0110756_22234623.jpg
◆横浜旧イギリス領事館
  ◎設計:英国工務省
  ◎施工:昭和土木建築
  ◎竣工:昭和6(1931)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造り3階建て、地下1階
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区日本大通3


前回山手のイギリス領事公館を紹介したので、こちらでは日本大通りの旧イギリス領事館の写真を幾つかご覧いただきたいと思います。
現在は横浜開港資料館の事務棟として使われている旧イギリス領事館ですが、昭和6年に英国工務省の設計により建てられたもの。またこの建物と東京番町のイギリス大使館は、建設時期がとほぼ同じということで、デザイン的にも相通じるものがあります。
そしてこの建物、開港資料館の開館時間は無料で一部だけはありますが、自由に見学できる嬉しい場所でもあります。日本大通り側からアールヌーヴォーの窓枠が付いた入口を潜るもよし、また海岸通りのレストランScandiaから流れるハワイアンを背にして、この記念館の名物でもある玉楠の木が茂る正門より入るにしろ、この建物はドラマチックに訪問者を出迎えてくれます。
観光名所の歴史的建造物というと、目を覆いたくなるような演出過剰がされている場所も正直なところ多々ありますが、ごく当たり前に凛として建つ横浜旧イギリス領事館は、いつ訪れても素敵な存在です。新しい名所も結構ですが、一度は訪れていただきたい古き良き横浜の風情を今に伝える名所の一つです・・・・・。

a0110756_22222893.jpg
a0110756_22255823.jpg
a0110756_22265198.jpg
a0110756_2228937.jpg
a0110756_22303596.jpg
a0110756_2232461.jpg

a0110756_22365335.jpg
a0110756_22405718.jpg
a0110756_22451290.jpg
a0110756_2243968.jpg

a0110756_22245372.jpg

by tokyo-farwest-net | 2009-09-02 22:02 | ■横浜・関内 | Trackback | Comments(0)

横浜山手の旧イギリス領事館公邸

a0110756_21143641.jpg
◆横浜市イギリス館(旧英国領事館公邸)
  ◎設計:上海ワーク・オフィス
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和12(1937)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造り2階建て、一部地下1階
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区山手町115-3
   ❖横浜市指定文化財


今回からはまた横浜の建築を何軒か紹介したいと思います。
こちらの旧イギリス領事館公館は、港の見える丘公園内のバラ園に隣接して建ち、横浜でもよく知られた洋館の一つです。
一般向けに常時公開されるようになったのは、約10年前くらいからだったと記憶しておりますが、外観・室内とも大英帝国の繁栄をしのぶことができる優雅な建物であります。また暖炉や室内はシンプルなデザインで纏められており、若干ながら1920~30年代のモダン建築の洗礼を受けているとも考えられます。
また国内には横浜のほか、函館・下関・長崎にイギリス領事館だった建物、また東京半蔵門(一番町)には昭和5年に建てられた英国大使館の建物が今も現役の大使館として使われていますが、横浜の領事館の面白いところは関内の執事の建物と、山手の居住スペースと別れているところです。山手の外国人コミュニティーの場としての期待も込められていたのでしょうが、この建物が竣工した昭和10年代前半は、日本の軍事色が日を追うごとに色濃くなっていた時代ということもあり、社交の場としての活躍はされなかったと想像されます。
そのような世界の激動期の直前に建てられたという意味でも、多くのことを語ることができる建物なのではないでしょうか・・・・?。

a0110756_21162369.jpg
a0110756_21204151.jpg
a0110756_21183797.jpg
a0110756_2119542.jpg
a0110756_21221693.jpg
a0110756_2124887.jpg
a0110756_21253945.jpg
a0110756_21261962.jpg
a0110756_2128393.jpg
a0110756_21294372.jpg
a0110756_213186.jpg
a0110756_2133291.jpg

a0110756_21343951.jpg

by tokyo-farwest-net | 2009-09-01 21:01 | ■横浜・山手 | Trackback(1) | Comments(0)