<   2018年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

京都市左京区の銀閣寺(慈照寺)

a0110756_14020742.jpg
◆銀閣寺(東山慈照寺)
 ◎設計:不詳
 ◎施工:不詳
 ◎建立:文明17(1465)年・・・・東求堂
    :長亨3(1489)年・・・・ 銀閣
 ◎構造:木造
 ◎所在地:京都市左京区銀閣寺町2
  ❖国宝
  ❖ユネスコ世界文化遺産

三十三間堂(蓮華王院)から途中、京阪神宮丸太町駅そばの旧京都中央電話局上京分局(設計:吉田鉄郎、大正13年築)に寄り道して、昼過ぎに到着したのが左京区の銀閣寺です。こちらも三十三間堂と同様、20年振りくらいの訪問になりました。
銀閣と言えば京都五山の一つとして知られる、臨済宗相国寺派に属する禅寺で、室町幕府八代将軍・足利義政が建立した寺として知られています。当時の室町政府は混沌を極めていた時期で、そこから逃げるように慈照寺を建立し隠居生活を始めた訳です。そこから足利義政の隠居生活から発した隠居活動は東山文化へと発展していきますが、その建築と庭園における代表作が銀閣だった訳です。贅の限りとは正反対の骨格だけの簡素な建築スタイルは、日本建築ならではの美とも言えるではないでしょうか。

a0110756_14453170.jpg


a0110756_14461336.jpg
a0110756_14465544.jpg



a0110756_14472955.jpg
a0110756_14502838.jpg
こちらがもう一つの国宝建築〔東求堂〕。

a0110756_14514960.jpg
a0110756_14541505.jpg
a0110756_14590461.jpg
a0110756_14561346.jpg
a0110756_14550546.jpg
a0110756_14574167.jpg
a0110756_14565269.jpg
a0110756_14582164.jpg
a0110756_14584857.jpg


[PR]
by tokyo-farwest-net | 2018-05-26 15:26 | ■京都 | Trackback | Comments(0)

京都市東山区の三十三間堂

a0110756_08571612.jpg
◆三十三間堂(蓮華王院本堂)
 ◎設計:不詳
 ◎施工:不詳
 ◎構造:木造平屋
 ◎竣工:文永3(1256)年
 ◎所在地:京都市東山区三十三間堂廻町657
  ❖国宝
 
メインのブログでは紹介を既に始めましたが、こちらでも今年4月に行った京都旅行の写真を紹介していこうと思います。この時の旅行は、近代建築撮影が半分、寺院見学が半分という内容だったこともあり、当ブログでは寺院建築の写真を発表していくつもりです。
そういう事で京都駅を下車し、東本願寺の御影堂・阿弥陀堂(設計:伊藤平左衛門、明治28年築)旧不動貯金銀行七条支店(設計:関根要太郎、昭和5年築)を見学した後に、徒歩で向かったのが東山の三十三間堂でした。

日本唯一の千体観音堂として知られるこのお堂、平安末に建てられた初代に建てられたものが火事で焼けてしまったため、鎌倉時代に再建されたものだと言います。堂内の仏像群も見事ですが、それを安置する三十三間のお堂も圧巻の一言に尽きます。修学旅行や20代の時に何度かここを訪れましたが、今更ながら堂内の仏像をしっかりと守る仏殿の静かなる美しさを確認した次第です。堂内から修学旅行生たちの黄色い声が時おり聞こえてきますが、外界の喧騒を遮断する仏堂はそれらをもしっかり守っている訳です。改めて、凄い建築ですね!。

a0110756_09093124.jpg

a0110756_09264553.jpg
a0110756_09274327.jpg

a0110756_09290442.jpg
a0110756_09293396.jpg
a0110756_09271884.jpg
a0110756_09300583.jpg
a0110756_09305111.jpg
a0110756_09315652.jpg
a0110756_09312121.jpg
a0110756_09340571.jpg
a0110756_09322685.jpg
a0110756_09344113.jpg


[PR]
by tokyo-farwest-net | 2018-05-19 10:19 | ■京都 | Trackback | Comments(0)