人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

横浜山手の外国人墓地正門

a0110756_17562563.jpg
◆横浜山手外人墓地正門
  ◎設計:J・H・モーガン(Jay H Morgan)
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正末以降?(1926年ころ)
  ◎構造:石造
  ◎所在地:横浜市中区山手町96


このところ別プログにて、アメリカ出身で横浜とも縁の深い建築家・J・H・モーガン設計の旧ぺーリック邸(昭和5年築)と、旧ラフィン邸(大正15年築)を紹介させて頂きました。またモーガンの設計作品は、横浜の山手にはその他にもクライストチャーチなども現存していますが、もう一つモーガンの設計作品と言われているのが、皆さんもご存じの山手外人墓地の正門です。
モーガンは様々な作風を得意としてので、このデザインからはモーガン作品という決定的な証拠は見つけにくいですが、言われてみれば確かにそんな感じもしてしまう作りではあります。また竣工年もいま一つはっきりしないとの事。もしモーガンが設計したものならば、時期的に考えれば関東大震災以降、もっと深く掘り下げていけばモーガンが横浜に設計事務所を移し、横浜の外国人相手に本格的な設計活動を開始した大正14~15年以降という事になるでしょう。また戦時期に正門の扉など金属品が撤去されたそうですが、戦後に現状のものが再設置されたそうです。
ちなみに昭和12年に亡くなったモーガンもこの墓地に葬られております。但しモーガンの墓は一般見学コースの場所にないために墓参は出来ないのですが、モーガンフアンとしては忘れてはいけない場所と言えるでしょう。
a0110756_1758714.jpg
a0110756_17584277.jpg
a0110756_1801088.jpg
a0110756_1803931.jpg
a0110756_1813737.jpg
a0110756_1821455.jpg
a0110756_1823371.jpg

by tokyo-farwest-net | 2011-10-22 18:03 | ■横浜・山手 | Trackback | Comments(0)

横浜山手公園管理事務所、旧山手68番館

a0110756_8224717.jpg
◆旧山手68番館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和9(1934)年
  ◎移築:昭和61(1986)年
  ◎構造:木造平屋
  ◎所在地:横浜市中区山手町・山手公園内

横浜の山手に訪れてもついその存在を忘れてしまうのが、山手公園内に建つ旧68番館。今回は久々に山手公園に行って参りました。
現在は公園の事務所として使われていますが、当初は外国人向けの住宅として建てられたものです。
公園事務所として移築されたため建物内は住宅時代の面影は殆どありませんが、山手の地にとても似合った洋館と言えるのではないでしょうか。
a0110756_8243069.jpg
a0110756_8261067.jpg
a0110756_826402.jpg
a0110756_827241.jpg
a0110756_8332583.jpg
a0110756_8342294.jpg
a0110756_83581.jpg

by tokyo-farwest-net | 2011-10-15 08:15 | ■横浜・山手 | Trackback | Comments(0)

横浜山手・フェリス女学院大脇のブラフ擁壁

a0110756_19263857.jpg
◆山手フェリス女学院大学脇のブラフ擁壁


今回は少し番外編的な内容になってしまいますが、美しい洋館群のほかに忘れてはいけない横浜・山手の貴重な文化遺産を紹介したいと思います。
それはブラフ擁壁。名前だけ言ってもピンと来ないかも知れませんが、横浜山手が外国人居留地だった頃から作られ続けてきた石積みの擁壁です。山手やその界隈を歩いて頂ければ、この年季の入った石垣は至る所に現存しています。その中でも個人的に大好きなのが、山手町44番地から38番地のフェリス女子大の脇にあるブラフ擁壁。山手カトリック教会から山手公園に向かう道と言えば、おおよその場所を想像していただけるでしょうか、冒頭の写真でご覧頂いたような美しい石垣が残っています。
そしてこのブラフ擁壁で注目していただきたいのが、石垣の下に石造りの側溝が現存しているということです。恐らくその昔は石積みの擁壁と側溝がセットで作られたと想像されますが、このようにきちんとした形で残っている例はかなり少なく、かなり貴重なものだと思います。関東大震災を機に山手の街並みは大きく変貌を遂げましたが、山手の至る所に外国人居留地だった頃の遺産が残っています。山手を訪れた際にはこれらの年代物の擁壁にも是非注目してみて下さい・・・・・。

a0110756_1942399.jpg
a0110756_19423446.jpg
a0110756_19425686.jpg
a0110756_19453970.jpg
a0110756_19474819.jpg
a0110756_19492094.jpg
a0110756_19503978.jpg

by tokyo-farwest-net | 2011-10-08 20:08 | ■横浜・山手 | Trackback | Comments(0)

横浜山手214番館、旧スウェーデン領事館

a0110756_19335311.jpg
◆横浜山手214番館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和初期(1920年代後半)
  ◎構造:木造2階建て、地下1階:鉄筋コンクリート造
  ◎所在地:横浜市中区山手町214

先日別プログにおいて横浜山手の洋館を2軒ほど取り上げさせていただきましたが、今月はその訪問時に撮影した山手の洋館や土木遺産を紹介していこうと思います。
そういう事で最初に紹介させていただくのは、山手214番館。横浜山手と言うとその地域が広いため、地番だけを書くとどこにあるのか想像が付かないかも知れませんが、根岸線の石川町駅から地蔵坂を上りその右手を見上げるとこの洋館は建っています。 外交官の家が建つイタリア山庭園からも袴腰型の屋根は一発で目に付くと思います。そのデザイン、規模ともに山手を代表する戦前築の洋館だと私は思います。
なおこの214番館、関東大震災後に外国人の邸宅として建てられたもので、一時期はスウェーデンの領事館としても使われていたそうですが、現在は横浜共立学園の同窓会の施設として使われているようです。袴腰型の屋根は伝統的な洋風建築を伝承していますが、所々に見られるシャープなデザインは昭和初期のモダン文化の影響も感じ取れます。ちょっとその存在は知られていませんが、是非注目していただきたい横浜山手の素敵な洋館です。

a0110756_1940143.jpg
a0110756_19411288.jpg
a0110756_1942277.jpg
a0110756_19423442.jpg
a0110756_19435948.jpg
a0110756_19451621.jpg
a0110756_1946478.jpg
a0110756_19465456.jpg
a0110756_1948714.jpg
イタリア山庭園から。
by tokyo-farwest-net | 2011-10-01 21:01 | ■横浜・山手 | Trackback | Comments(4)