横浜・パークシティ本牧クラブハウス(旧山手250番館)

a0110756_2382656.jpg
◆旧横浜山手250番館/スタンダード石油会社社宅
  ◎設計:アントニン・レーモンド
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和4(1929)年
  ◎移築:昭和60(1985)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造り2階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区本牧原5-5-4 (旧所在地は中区山手町250番地)


先日は横浜ゆかりのチェコ人建築家:アントニン・レーモンド設計作品であるエリスマン邸を取り上げましたが、もう一軒横浜に現存するレーモンド設計の邸宅を紹介します。
現在この建物は本牧のマンションのクラブハウスとして使われていますが、もとは横スタンダード石油の社宅として横浜山手の250番地に建てられたものといいます。外観は山手に現存する旧ライジングサン石油社宅(現フェリス女学院10号館)に似た印象を受けます。しかし旧ライジングサン石油の社宅が屋根が平坦なフラットルーフなのに対し、こちらの建物は屋根瓦を用いるなど徹底的なモダンさの追求というより、伝統とモダンの融合といった感じのデザインが特徴としてあげられます。また構造は鉄筋コンクリート、窓枠のサッシは鉄製など、昭和初期の最新技術が多く用いられた邸宅のようです。
また現在はマンションのクラブハウスとして使われていますが、周りの高層マンションや通りの並木と不思議とマッチしているのは、やはりこの邸宅のデザインの素晴らしさが際立っているからではないかとも、久しぶりの訪問でふと思ってしまいました。

a0110756_239183.jpg
a0110756_2310533.jpg
a0110756_231017100.jpg
a0110756_231118100.jpg
a0110756_23113782.jpg
a0110756_23121771.jpg
a0110756_23122913.jpg
a0110756_23124399.jpg
a0110756_23135680.jpg
a0110756_23143751.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-05-26 00:00 | ■横浜・本牧根岸 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://farwestto.exblog.jp/tb/8316748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by gipsypapa at 2009-06-10 16:47
ああ、これも見たかった建物です。
こんな場所に残っているのですね。
レーモンドのセンスの良さを感じます。
Commented by tokyo-farwest-net at 2009-06-10 23:43
本牧のニュータウンのど真ん中にこの邸宅はあります。
といっても周りの邸宅と違和感がないんですよね。
ここら辺がレーモンドのセンスなのでは?、と思った次第です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 横浜・カトリック山手教会聖堂 横浜山手のエリスマン邸 >>