横浜貿易会館、レストランSCANDIA

a0110756_23294341.jpg
◆横浜貿易会館、レストランSCANDIA
  ◎設計:大倉土木
  ◎施工:大倉土木
  ◎竣工:昭和4(1929)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造り3階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区海岸通り1-1


茶褐色のタイルが美しいこのビルディングは、横浜大桟橋の入口交差点角に建つもので、昭和4年に横浜貿易会館として建てられたもの。その名前よりレストランscandiaと言った方が馴染みがあるかも知れません。
このビルのデザインの特徴と言えば、建物正面のデザイン。窓の庇に両角脇に建つ柱状の装飾に、昭和初期らしいモダンさが伺えます。また現在のレストランの仕様とこのデザインがぴったりと一致しているというのも、このビルの設計を手掛けた大倉土木の技師の技量が光っているのではないかと思えてきます。なお横浜海岸通りには同様のデザインが2軒現存しており、街の美観を彩っています。こういう建物があってこそ横浜といった感じの建物です。

a0110756_23335353.jpg
a0110756_23443314.jpg
a0110756_23333790.jpg
a0110756_233629100.jpg
a0110756_23395771.jpg
a0110756_18194654.jpg
a0110756_23493995.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-03-30 00:30 | ■横浜・関内 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://farwestto.exblog.jp/tb/8115496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 東京日本橋の野村證券本店 横浜海岸通りの昭和ビル >>