人気ブログランキング |

金沢・兼六園

a0110756_09490481.jpg
◆兼六園
 ◎造園:前田綱紀、前田治脩、前田斉広、前田斎泰ほか
 ◎開園:延宝4(1676)年
 ◎一般公開:明治7(1874)年5月
 ◎有料公開:昭和51(1976)年
  ❖国指定特別名勝


金沢に来たなら絶対立ち寄らなければならないのが、日本三大名園の一つ兼六園でしょう。加賀藩の五代藩主である前田綱紀が17世紀半ばの延宝年間を造園を開始、一度は金沢の大火で庭は荒れてしまったと言いますが、11代から13代藩主の加賀藩主が大々的に庭園に手を入れ、完成したのが現在の兼六園だと言います。

林泉回遊式大名庭園という形式を取っているという兼六園ですが、庭園の美しさは東京にある浜離宮や小石川後楽園などと匹敵するものだと思います。また兼六園の面白いところは金沢城と同じ稜線の高台に庭があり、犀川の上流から引いた辰巳用水の水をふんだんに庭に用いている事でしょう。美しい水面の霞ケ池から振り返ると、眼下には金沢の町を見下ろせるという不思議な世界。このような庭園との出会いは兼六園が初めてだったと思います。
様々な季節に訪れたいと思わせてくれる名園でした。

a0110756_10004969.jpg
a0110756_09592145.jpg
a0110756_10144579.jpg

a0110756_10170060.jpg

a0110756_10174739.jpg

a0110756_10181430.jpg

日本庭園には珍しい噴水。現代のポンプなどで汲み上げられたものではなく、辰巳上水の水を逆サイフォンの原理により吹き上げさせたもの。水のワンダーランドとも呼べる兼六園の代表的な施設である。
a0110756_09594480.jpg
a0110756_10350173.jpg
霞ケ池を振り返ると眼下には金沢の市街地が。東京にある江戸期の大名庭園にはない不思議な感覚に襲われます。
a0110756_10371828.jpg
a0110756_10374187.jpg
a0110756_10381308.jpg
a0110756_10384023.jpg
a0110756_10390060.jpg
a0110756_10392555.jpg
兼六園の食堂で名物のじぶそば(治部蕎麦)を食する。軟水の出汁は関東ローム層の硬水のこちらでは味わえないもの。
a0110756_10430728.jpg
a0110756_10433577.jpg

by tokyo-farwest-net | 2019-06-08 11:08 | ■金沢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://farwestto.exblog.jp/tb/239303460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 西武鉄道001系、新型特急La... 金沢城 >>