横浜山手・フェリス女学院大脇のブラフ擁壁

a0110756_19263857.jpg
◆山手フェリス女学院大学脇のブラフ擁壁


今回は少し番外編的な内容になってしまいますが、美しい洋館群のほかに忘れてはいけない横浜・山手の貴重な文化遺産を紹介したいと思います。
それはブラフ擁壁。名前だけ言ってもピンと来ないかも知れませんが、横浜山手が外国人居留地だった頃から作られ続けてきた石積みの擁壁です。山手やその界隈を歩いて頂ければ、この年季の入った石垣は至る所に現存しています。その中でも個人的に大好きなのが、山手町44番地から38番地のフェリス女子大の脇にあるブラフ擁壁。山手カトリック教会から山手公園に向かう道と言えば、おおよその場所を想像していただけるでしょうか、冒頭の写真でご覧頂いたような美しい石垣が残っています。
そしてこのブラフ擁壁で注目していただきたいのが、石垣の下に石造りの側溝が現存しているということです。恐らくその昔は石積みの擁壁と側溝がセットで作られたと想像されますが、このようにきちんとした形で残っている例はかなり少なく、かなり貴重なものだと思います。関東大震災を機に山手の街並みは大きく変貌を遂げましたが、山手の至る所に外国人居留地だった頃の遺産が残っています。山手を訪れた際にはこれらの年代物の擁壁にも是非注目してみて下さい・・・・・。

a0110756_1942399.jpg
a0110756_19423446.jpg
a0110756_19425686.jpg
a0110756_19453970.jpg
a0110756_19474819.jpg
a0110756_19492094.jpg
a0110756_19503978.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2011-10-08 20:08 | ■横浜・山手 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://farwestto.exblog.jp/tb/13772159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 横浜山手公園管理事務所、旧山手... 横浜山手214番館、旧スウェー... >>