人気ブログランキング |

神戸相楽園の旧ハッサム邸

a0110756_7313562.jpg
◆旧ハッサム邸
  ◎設計:A・N・ハンセル(Alexander Nelson Hansell)
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治35(1902)年ころ
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:兵庫県神戸市中央区山手通5-3-1、相楽園内
   ❖国指定重要文化財


前回はイギリス人建築家・ハンセル設計のシュウエケ邸・門兆鴻邸を紹介しましたが、相楽園内にある旧ハッサム邸も同じくハンセルの設計によるものです。こちらの邸宅は英国人貿易商の邸宅として北野町に建てられたものですが、昭和36年に神戸市に寄贈されその2年後にここ相楽園に移築されたとのことです。
建物自体はいかにもこの時代らしい両開き型の窓に、アジアの居留地・植民地建築によく見られるベランダを多く取ったコロニアルスタイルの造り。でも屋根を見ていただくと、そこには伝統的な和風の瓦屋根が載っていたりします。この邸宅の設計を手掛けた建築家・ハンセルは雨の多いイギリス生まれですが、そのハンセルにしてみても日本の雨風をはじめとする気候は厄介な存在だったのでしょうか、その辺りは日本の伝統技法に頼ったということになるでしょう。
なお移築前のハッサム邸は、ベランダ部分にガラス窓がはめられていた事です。

a0110756_7353413.jpg
a0110756_7372127.jpg
a0110756_7385716.jpg
a0110756_7404767.jpg
a0110756_7423624.jpg
a0110756_7442357.jpg
a0110756_7473170.jpg

by tokyo-farwest-net | 2010-07-30 23:59 | ■神戸 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://farwestto.exblog.jp/tb/11059004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 神戸相楽園の旧小寺家厩舎 神戸山本通のシュウエケ邸、門兆鴻邸 >>