群馬県前橋市の前橋カトリック教会

a0110756_14312778.jpg
◆前橋カトリック教会
  ◎設計:マックス・ヒンデル(Max Hinder)?
  ◎施工:井上工業
  ◎竣工:昭和7(1932)年11月
  ◎構造:鉄筋コンクリート造
  ◎所在地:群馬県前橋市大手町2-14-6
   ❖国登録有形文化財


JR前橋駅前より群馬県庁まで続くケヤキ並木沿いから見えるのが、この前橋カトリック教会の鐘楼。
以前、前橋へ訪れたときは鐘楼があまりにも高いため、「最近建てられたウエディングチャペルだろう」と思い込み素通りしてしまったのですが、後に昭和7年竣工の歴史ある教会建築だということを知り、今回はこちらへと立ち寄った訳です。教会で頂いたパンフレットによると、この二つの鐘楼は国内に建つ鉄筋コンクリート造教会の中でもかなりを高さを誇るものだとのこと。また教会の教会内の説明書きによると、戦前国内で活躍したスイス人建築家:マックス・ヒンデル設計の可能性も考えられるそうです。繊細さと力強さを兼ね備えたとても魅力的な美しい教会でした。

a0110756_14355819.jpg
a0110756_14363633.jpg
a0110756_14374772.jpg
a0110756_14385960.jpg
a0110756_14403093.jpg
a0110756_14421971.jpg
a0110756_14443245.jpg
a0110756_14451076.jpg
a0110756_14432779.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-06-12 00:12 | ■群馬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://farwestto.exblog.jp/tb/10789017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 東京神田駿河台のニコライ堂 群馬県前橋市の広瀬川美術館 >>