人気ブログランキング |

京都南禅寺そばの水路閣

a0110756_08301977.jpg
◆琵琶湖疎水・南禅寺の水路閣
 ◎設計:田邊朔郎
 ◎施工:不詳
 ◎竣工:明治23(1890)年
 ◎構造:煉瓦造
 ◎所在地:京都市東山区南禅寺境内


東山の南禅寺というと歌舞伎のシーンで有名な三門や、国宝の方丈がよく知られています。そしてもう一つの名所と言えば、寺の境内にある水路閣と呼ばれる煉瓦の水道施設であります。
この水路閣は東京遷都以降、勢いを失いつつ京都を救うため、近代的な工業施設の水源・発電施設の設置を目的として、琵琶湖と京都市内を結ぶ水利施設として建設されたものです。明治から大正初めに建設された発電所やトンネルなどの煉瓦造の施設はどれも美しく、京都の景観を彩っています。

そして南禅寺の水路閣、京都五山・禅寺の一つ、南禅寺の脇を流れるという西洋文化がまだ定着していなかったこの時代にしては、大胆な施設となりました。もし今の時代にこれが作られていたなら、間違いなく相当な景観論争が起きていたに違いありません。ただ田邊朔郎以下、琵琶湖疎水の建設関係者は施設の美的センスを追求したのでしょうか、建設から一世紀以上の時が経ち京都の景観に馴染んでいます。新しい文化も既存の文化と融合させてしまう、京都の奥深さを感じさせる施設であります。
なお今回は水路閣撮影の帰り際に撮った、蹴上にある琵琶湖疎水の煉瓦造のトンネルをご覧ください。

a0110756_08372412.jpg

a0110756_08380739.jpg
a0110756_08384481.jpg
a0110756_08391451.jpg
a0110756_08394682.jpg
a0110756_08402057.jpg
a0110756_08404853.jpg
a0110756_08421266.jpg
a0110756_08425124.jpg

# by tokyo-farwest-net | 2019-03-17 00:17 | ■京都 | Trackback | Comments(0)