京都同志社大学・彰栄館、礼拝堂、有終館

a0110756_09285477.jpg
◆同志社大学彰栄館
 ◎設計:D・C・グリーン
 ◎施工:尾滝菊太郎
 ◎竣工:明治17(1884)年
 ◎構造:煉瓦造2階建て
 ◎所在地:京都市上京区今出川通烏丸東入ル玄武町
  ❖国指定重要文化財

先週と今週、同志社大学の今出川キャンパスに建つ、クラーク記念館(旧神学館、設計:リヒャルト・ゼール、明治28年築)と、ハリス理化学館(設計:A・N・ハンセル、明治23年築)を紹介しましたが、こちらではその時撮影した三棟の国指定重要文化財の建造物を紹介したいと思います。まずは彰栄館、アメリカゴシックスタイルの作品で、続いて紹介する礼拝堂、有終館もその路線を継承しています。
設計は同志社の教授を務めていた,アメリカ人宣教師D・C・グリーン(Daniel Crosby Green、1843~1913)によるものと伝えられています。グリーンは本格的な建築学を修めておらず、自身の故郷であるアメリカの建造物を参考にこれらのデザインを纏めたと想像されます。その後、ハンセルやゼール、ヴォーリズなどのプロの建築家が後を引き継いだのも頷けるような気もします。
しかし同志社のキャンパスのイメージは、グリーンの作品によりスタートしたことは紛れもない事実でしょう。機会があれは、またゆっくり見学したい美しいキャンパスでありました。

a0110756_09295691.jpg

a0110756_09304448.jpg
a0110756_10033949.jpg

a0110756_09311021.jpg

a0110756_09323243.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
a0110756_10055696.jpg
◆同志社大学礼拝堂
 ◎設計:D・C・グリーン
 ◎施工:三上吉兵衛
 ◎竣工:明治19(1886)年
 ◎構造:煉瓦造平屋
 ◎所在地:京都市上京区今出川通烏丸東入ル玄武町
  ❖国指定重要文化財

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
a0110756_10134144.jpg
◆同志社大学有終館
 ◎設計:D・C・グリーン
 ◎施工:三上吉兵衛
 ◎施工:明治20(1887)年
 ◎構造:煉瓦造2階建て
 ◎所在地:京都市上京区今出川通烏丸東入ル玄武町
  ❖国指定重要文化財

a0110756_10201083.jpg
a0110756_10194460.jpg

[PR]
# by tokyo-farwest-net | 2018-08-11 10:20 | ■京都 | Trackback | Comments(0)