タグ:J・コンドル ( 4 ) タグの人気記事

東京都北区古河庭園の旧古河虎之助邸 sanpo

a0110756_23581695.jpg
◆旧古河虎之助邸
  ◎設計:ジョサイア・コンドル(Josiah Conder)
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正6(1917)年
  ◎構造:煉瓦造2階建て、一部地下
  ◎所在地:東京都北区西ヶ原1-27-39
   ❖国指定重要文化財


こちらは2年前に撮影した、東京都北区の古河庭園内に建つ旧古河虎之助邸の写真です。この訪問時は薔薇が見頃になった6月という事もあり、結構な賑わいだったと記憶しております。
古河庭園(古河邸)のかっての主は、古河財閥の3代目当主・古河虎之助(1887~1940)。古河財閥と言えば、古河鉱業の足尾銅山事件がその歴史に悪い意味で広く知れ渡っています。なお古河虎之助は、その事件の後始末や、古河財閥を近代的な会社組織へと再編させた人物であります。その虎之助が第一次世界大戦の好景気に乗り、新築させたのが小松石張りの重厚なこの洋館だったのです。

設計がかのジョサイア・コンドル(1852~1920)という事もあり、英国風の伝統的な作りになっていますが、その爽やかな明るい感じのデザインは、いかにも大正期竣工の作品ならではの出来栄えです。またコンドルの最晩年の作品という事でも、注目に値する作品であります。
出来ることなら邸宅内をゆっくり撮影してみたいなと、以前撮った写真を見ながら思ってしまった私であります。

a0110756_23585234.jpg
a0110756_23593793.jpg
a0110756_031718.jpg
a0110756_04796.jpg
a0110756_043562.jpg
a0110756_05679.jpg
a0110756_0112924.jpg
a0110756_012574.jpg
a0110756_012471.jpg
a0110756_013738.jpg
a0110756_0133274.jpg
a0110756_0144172.jpg
a0110756_0151874.jpg
a0110756_0154337.jpg
a0110756_0161073.jpg
a0110756_01903.jpg
a0110756_0193310.jpg
a0110756_020027.jpg
a0110756_0232584.jpg
a0110756_0234584.jpg
a0110756_0242177.jpg
a0110756_0244320.jpg
a0110756_025372.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2013-09-21 00:21 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京神田駿河台のニコライ堂

a0110756_58430.jpg
◆日本ハリストス正教会東京復活大聖堂(ニコライ堂)
  ◎設計:ミハイル・シチュールポフ、ジョサイア・コンドル、岡田信一郎(・・・・関東大震災後の修復工事を担当)
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治24(1891)年
  ◎修復:昭和6(1931)年
  ◎構造:煉瓦、鉄骨鉄筋コンクリート造
  ◎所在地:東京都千代田区神田駿河台4-1
   ❖国指定重要文化財


本日別プログの方で国内におけるロシア正教の代表的な聖堂の一つである函館のハリストス正教会を紹介しましたが、それと共にロシア正教の顔と言えばこのニコライ堂でしょう。
JRのお茶ノ水駅を下車してすぐの場所に建つこの聖堂は、明治17年から7年の歳月をかけて建てられたもので、ロシア工科大学のシチュールポフ教授から送られた図面をもとに、当時日本に滞在していたイギリス人建築家:ジョサイア・コンドルが実施設計を施し竣工に至ったと言います。また現在は若干の改変がされていますが、竣工当初は前方玄関側の鐘楼はもう少し尖ったものだったようです。神田駿河台の高台に建つこともあり、竣工当初はこの周辺からは一目で分かるランドマーク的存在だったのではないかと想像されます。また大正12年の関東大震災では建物前方の鐘楼やドームなどが倒壊・炎上したため、その後岡田信一郎の設計により修復され現在の姿に至りました。
聖堂内は土日のみの見学ですが、高い天井や美しいイコノスタスやステンドグラスは信者でなくても心が洗われるような気分になってしまいます。あと鐘楼の鐘は函館のハリストス正教会で使っていたものを譲り受けたものだそう。以前この鐘が鳴らされている時間帯に、ニコライ堂の鐘の音を背に「この鐘がその昔函館で使われていたものか・・・」などと、感慨にふけりながらこの界隈を歩いていたのですが、歩いて数分も経たないうちに鐘の音が街の雑踏がかき消され聞こえなくなってしまいました・・・・・。

❖参考文献・・・・・『西洋館 明治大正の建築散歩』 中村哲夫氏著、淡交社刊、2000年
a0110756_513631.jpg
a0110756_5111499.jpg
a0110756_593597.jpg

a0110756_5154127.jpg
a0110756_5173568.jpg
a0110756_519539.jpg
a0110756_5211454.jpg
a0110756_5293283.jpg
a0110756_5244629.jpg

a0110756_554849.jpg

a0110756_5272024.jpg
a0110756_522556.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-07-03 07:03 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京三田の三井倶楽部

a0110756_2344495.jpg
◆綱町三井倶楽部
  ◎設計:ジョサイア・コンドル(Josiah Conder)
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正2(1913)年
  ◎構造:煉瓦造り2階建て
  ◎所在地:東京都港区三田2-3-7


今回紹介するのは先日の旧簡易保険局の向いに建つ三井倶楽部。日本近代建築界の父といわれるイギリス人建築家のジョサイア・コンドル(1852~1920)の設計により、大正2(1913)年に竣工したものです。コンドルといえば現在丸の内で復元工事がおこなわれている三菱1号館の設計をはじめ、明治10年の来日から大正9年で亡くなるまで数多くの建築設計を手掛けた人物として知られています。
なお東京都内に残るコンドルの設計作品は、この三井倶楽部をはじめ台東区の旧岩崎邸、北区の旧古河邸、品川区の旧島津邸(現清泉女子大学)・開東閣など、いわゆる山の手の「お屋敷」が残っているというのも興味深いことです。先にあげたコンドル作品は、大正12年の関東大震災、昭和20年の空襲、戦後の再開発をものともせず、現代まで生き続けているというのも驚愕に値します。三井倶楽部は会員制クラブのため、撮影は門の外からだけですが、外からだけでも見る価値のある名建築だと私は思います。

a0110756_2354644.jpg
a0110756_2361866.jpg
a0110756_23882.jpg
a0110756_2393246.jpg
a0110756_23102638.jpg
a0110756_23104565.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-14 00:14 | ■東京・23区 | Comments(2)

旧岩崎家邸宅

a0110756_15381760.jpg
◆旧岩崎久弥邸
  ◎設計:ジョサイア・コンドル
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治29(1896)年
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:東京都台東区池之端1-3-45
  ★国指定重要文化財


東京台東区にある、かっての三菱財閥の総帥・岩崎久弥の旧邸。設計は日本近代建築界の父と言われる、ジョサイア・コンドル(1852~1920)。
戦後はGHQに接収、その後は法務省の施設として使われ、長らく幻の邸宅と言われていたものですが、数年前より一般公開されることになり、その間もなくに撮影したのが今回ご覧いただている写真です。私が近代建築を興味を持ち始めたのが約10年前、その頃は不忍池から伸びる無縁坂を『ここに旧岩崎家の邸宅があるのか・・・・』と思いながら、よく歩いていました。初めて実際にこの岩崎邸を見た時は感動の一言でした。
この当時は邸宅内は改装工事の真っ最中、南側のベランダも足場が組んであったため、邸宅北側と隣に建つ撞球室のみの撮影になってしまいました。室内の写真等は再訪の機会があれば、改めて紹介したいと思います。

a0110756_15393259.jpg
a0110756_15402899.jpg
a0110756_15414346.jpg
a0110756_154248100.jpg
a0110756_15445122.jpg
a0110756_15462510.jpg
a0110756_15485878.jpg
a0110756_15501189.jpg
a0110756_15511683.jpg

★撮影・・・・・2003年ころ
[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-01-18 23:45 | ■東京・23区 | Comments(0)