タグ:橋梁 ( 8 ) タグの人気記事

岩手県盛岡市の開運橋

a0110756_19311659.jpg
◆盛岡の開運橋
  ◎設計:横河橋梁
  ◎施工:直営
  ◎竣工:昭和27(1952)年
  ◎構造:鋼鉄製トラス橋
  ◎所在地:岩手県盛岡市開運橋通


ここ1年ほど、超スローペースの更新が続いている当プログですが(苦笑)、久しぶりに活発に記事を発表するネタが出来ました。それは東北の建築探訪です。実は今年の6月から約1ヶ月半ほどおこなわれたJR東日本の1日フリーパスを使い、今月上旬の2回に分けて東北を旅してきた訳です。今年3月の大震災の傷が癒えぬうちの訪問は正直失礼かなと思いましたが、一観光客として東北の町を訪れる事で、東北の復興に微力ながら貢献出来るならと思い今回は新幹線に乗り日帰りの強行ツアーをしてきたのであります。

さて東北旅行で最初に訪れたのが、岩手県の盛岡市。古くは南部藩の都として栄えた町ですが、文明開化以降に建てられた素晴らしい近代建築も数多くある事で知られる町でもあります。滞在時間は6時間ほどでしたが、駆け足で盛岡の建築探訪を楽しんできた訳です。
そういう事で盛岡で最初に紹介させていただくのは、盛岡の駅前を流れる北上川に架かる開運橋。盛岡を訪れた方は必ず渡るであろうこの橋、その歴史は比較的新しく、明治23年に当時の岩手県知事・石井省一が盛岡駅開業に伴い私費を投じて完成させたものだと言います。町の大動脈としての必要性を感じて私費を投じてまで、当時の県知事は橋を架けたのでしょう。
そして現在の橋は昭和27年竣工のもの。いわゆる橋の定番スタイルとも言うべきトラス式の橋ですが、個人的に興味をそそられるのは横河橋梁が製作したものだということ。横河橋梁は建築家の横河民輔(1864~1945)が開設した会社で、国内の主要な橋梁を製作している事でも知られます。戦後間もなくの作品という事もあり若干線が細いような気もしますが、北上川の爽やかな流れとマッチしているような気がします。今の段階ではその評価が低いようですが、いずれ岩手の名建築の一つとして紹介されて欲しい美しい橋であります・・・・・・。

a0110756_19342375.jpg
a0110756_19345069.jpg
a0110756_19351854.jpg
a0110756_19355595.jpg
a0110756_19362898.jpg
a0110756_1937262.jpg
a0110756_1939129.jpg
a0110756_19393324.jpg
a0110756_19395829.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2011-07-17 19:17 | ■盛岡 | Comments(0)

東京・言問橋

a0110756_198336.jpg
◆東京隅田川の言問橋
  ◎設計:東京市(岩切良介)
  ◎施工:栗原組
  ◎竣工:昭和3(1928)年
  ◎構造:鋼鉄製
  ◎所在地:東京都墨田区向島~台東区花川戸


先日別プログで墨田区立言問小学校(昭和11年築)を紹介しましたが、そこより数分ほど歩いた隅田川に架かるのがこの言問橋です。
現在の橋は関東大震災後の復興事業の一環として昭和3年に竣工した、東京に残るレトロな橋の一つでありますが、震災前はここには橋はなく復興事業を機に新たに新設された橋ということになります。またゲルバー式鋼板桁のシンプルなデザインで、言問橋の下流に架かる永代橋や清洲橋、厩橋になどに比べるとインパクトがないように思えますが、これは言問橋周辺の隅田川両岸に造成された隅田公園の景観を崩さないようにシンプルな設計がされたとも言われています。そう言われると、計算された見事な設計であります。
またこの界隈、隅田公園をはじめ鉄筋コンクリート製の震災復興小学校舎である小梅小学校なども落成し、震災復興の象徴ともいえる場所でしたが、隅田公園も当初の形状から大きく形を変え、小梅小学校も新しい校舎へと建て替えられ、昭和はじめの華やかさを伝えるのはこの言問橋だけになってしまいました。そういう歴史的背景を考えても、もっと知られて良い橋なのでは・・・?、と私は思ってしまいますが。

a0110756_19103461.jpg
a0110756_19115367.jpg
a0110756_19133081.jpg
a0110756_19143428.jpg
a0110756_19163623.jpg
a0110756_19182158.jpg
a0110756_19193923.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-05-29 20:29 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京都江東区の御船橋

a0110756_1923649.jpg
◆御船橋(大島川西支川)
  ◎設計:東京市
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和3(1928)年3月
  ◎構造:3径間鋼鉄ガーター橋
  ◎所在地:東京都江東区佐賀1丁目~福住1丁目


今回は久々に東京下町に残るレトロな橋梁を紹介したいと思います。
この御船橋(みふねはし)は、東京メトロ東西線の門前仲町駅より徒歩数分の大島川西支川に架かる橋で、昭和3年に竣工したものです。
個人的には御船橋より東数10メートルの場所に建築家・関根要太郎(1889~1959)の設計作品である村林ビル(昭和3年築)があることもあり、時折ここ界隈を歩くことがあったのですが、最近になりこの橋の素晴らしさに気付いた訳です。よく見ないとただ通り過ぎてしまいそうな地味な橋ですが、橋の親柱には昭和初期に流行していたアールデコ調のゴツゴツした装飾、また欄干の部分にはシンプルな図柄ではありますがその親柱と対になったような、ちょっと洒落た装飾も施されています。
ちなみにこの界隈、大規模な工場やオフィスビルも建っていますが、下町風情溢れる町屋もチラホラと残る一帯。そのような在りし日の東京を想像してしまう洒落た橋であります。なおこの上流に架かる緑橋との姿もなかなか絵になっています。

a0110756_19264995.jpg
a0110756_19241071.jpg
a0110756_1928420.jpg
a0110756_19313495.jpg
a0110756_19292632.jpg
a0110756_19253527.jpg
a0110756_1933313.jpg
a0110756_19341071.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-04-15 20:15 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京神田川の柳橋

a0110756_18535576.jpg
◆東京・柳橋(神田川)
  ◎設計:東京市
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和4(1929)年
  ◎構造:鋼鉄製
  ◎所在地:東京都中央区東日本橋2~台東区柳橋1


東京の武蔵野台地を源流とする神田川。起伏の激しい東京の谷地を流れ、最後には隅田川へと合流します。その最後に架かるのがこの柳橋です。
こちらも既に取り上げてきた橋と同じく、大正12年の関東大震災後に架設された復興橋梁のひとつで、花町・柳橋ということから〔かんざし〕をモチーフとした橋のデザインになったといわれています。この橋の周辺に停泊する屋形船とこの橋の姿、いつ見ても風情がありますね・・・・・。

a0110756_1931180.jpg
a0110756_18563378.jpg
a0110756_1859083.jpg
a0110756_1902921.jpg
a0110756_1915716.jpg
a0110756_1859204.jpg

a0110756_1965237.jpg
a0110756_1954051.jpg
a0110756_199490.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-26 19:26 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京・清州橋

a0110756_2318737.jpg
◆東京隅田川の清州橋
  ◎設計:東京市
  ◎施工:東京市、神戸川崎造船所
  ◎竣工:昭和3(1928)年
  ◎構造:鋼鉄製吊橋
  ◎所在地:東京都中央区日本橋中州~江東区清澄
   ❖国指定重要文化財


清州橋といえば言わずと知れた東京の名橋のひとつですから、ここでは説明を省かせいただきます。
いつ見ても素敵ですが、欲をいえば首都高速の隅田川大橋が架かる前の永代橋と清州橋がペアで見える姿を見たかったです・・・・・。

a0110756_23191197.jpg
a0110756_23195971.jpg
a0110756_23204416.jpg
a0110756_23213112.jpg
a0110756_23232063.jpg
a0110756_23254173.jpg
a0110756_2324267.jpg
a0110756_23274394.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-24 00:24 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京江東区の豊島橋

a0110756_2231581.jpg
◆江東区の豊島橋(中之堀川)
  ◎設計:東京市臨時復興局 
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和5(1930)年1月
  ◎構造:1径間鋼製ガーター橋
  ◎所在地:東京都江東区佐賀町2丁目中之堀川


この豊島橋は前回紹介した緑橋の数10メートル上流の、大島川西支川の支流・中之堀川に架かるもの。
支流の支流ということで、少し頭がこんがらがってきますが、かってこの中之堀川は隅田川と繋がるバイパス的な役割の河川だったようです。今はその大半が埋め立てられてしまっていますが、昔の江東区(深川)は毛細血管のように運河が巡っていたといいます。
この豊島橋、通っただけでは何の変哲のない橋にも見えますが、昭和5年に架設されたというもの。前回の緑橋と同じく、こちらも大正12年の関東大震災後の復興始業で架けられた橋梁の一つということになります。
まわりの施設のため全体像を撮影できることはできませんでしたか、このような長年に渡り人々の暮らしを支えてきた無名の橋に敬意を表して、この日はゆっくりと20メートルあまりの短い橋を眺めてしまったものです。

a0110756_2231582.jpg
a0110756_22325261.jpg
a0110756_22334771.jpg
a0110756_22345096.jpg
a0110756_2235875.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-23 23:06 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京江東区の緑橋

a0110756_0552185.jpg
◆緑橋(大島川西支川)
  ◎設計:東京市復興局
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和4(1929)年4月
  ◎構造:鋼鉄製トラス橋
  ◎所在地:東京都江東区佐賀町1丁目~福住1丁目


今回から4回の予定で東京の橋を紹介していこうと思います。
そしてこれから紹介していくのは、大正12年の関東大震災後に復興事業として架けられた鋼鉄製の橋脚の数々です。隅田川の橋はよく知られていますが、その他にも運河の多かった江東区(旧深川区)などにも復興橋梁が架けられ、その多くが今も現役の橋として使われているとのこと。全てを紹介しきるのはいつの日になるか分かりませんが、少しずつながらこちらも取り上げていきたいと考えております。

そういう事で今回紹介する緑橋は、永代橋西の大島川西支川に架かるもの。先月、建築家・関根要太郎設計の村林ビルを撮影した帰り、偶然見つけたものです。この下流に架かる御船橋の親柱にアールデコ調のデザインが施されているのは以前から知っていたのですが、その上流にこんな立派な橋があったとはこの時まで知りませんでした。
橋の長さは電車1両より少し長い23メートルというものですが、トラス式の仰々しいデザインは、ちょっとした小宇宙のようにも感じてしまったりもしました。ちなみにこの目の前には首都高深川線が走っていますが、存在感はこの小さな橋のほうに軍配があがると思います。予想しない発見だった緑橋との出会いでした。次回はここを北上した小さな年代物の橋を紹介したいと思います。

a0110756_0561167.jpg
a0110756_058648.jpg
a0110756_057155.jpg
a0110756_0591698.jpg
a0110756_11429.jpg
a0110756_10412.jpg
a0110756_13819.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-18 01:18 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京・永代橋

a0110756_2225831.jpg
◆東京隅田川の永代橋
  ◎設計:東京市(竹中喜中)
  ◎施工:東京市、神戸川崎造船所
  ◎竣工:大正15(1926)年
  ◎構造:鋼鉄製
  ◎所在地:東京都中央区新川~江東区佐賀町
  ❖国指定重要文化財

a0110756_2234217.jpg
a0110756_2252561.jpg
a0110756_2261993.jpg
a0110756_2271148.jpg
a0110756_2272940.jpg
a0110756_22813100.jpg
a0110756_229647.jpg
a0110756_22101182.jpg

★撮影・・・・・2009年1月
[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-01-16 22:22 | ■東京・23区 | Comments(0)