タグ:横浜・山手の洋館 ( 9 ) タグの人気記事

横浜山手資料館

a0110756_1712851.jpg
◆山手資料館
   ◎設計:不詳
   ◎施工:不詳
   ◎竣工:明治42(1909)年
   ◎移築:昭和52(1977)年
   ◎構造:木造2階建て
   ◎所在地:横浜市中区山手町236
     ❖横浜市認定歴史的建造物


横浜山手の外人墓地向かいの、広い芝生の奥に建つグリーンの洋館。山手資料館。
私など関東圏に住む人間にとっては、子供の頃からテレビなどで外人墓地とセットで紹介される事も多かったので、とても馴染みのある建物です。お菓子の家のような可愛らしい風貌の洋館は、やはり山手の顔とも言える存在です。
そういう事で私は、ずうっと横浜で暮らす外人の住宅だと思い込んでいましたが、もとは根岸本牧1丁目に日本人の邸宅の応接間として建てられたものだそうで、昭和初期に山手諏訪町に移築、そして昭和52年に現在地に移築されたとの事です。何とも数奇な運命を辿った洋館であります。設計者に関しては判明していないそうですが、日本人の邸宅として建てられたものですから、日本人棟梁などが外国人邸宅を真似して建てた可能性も考えられます。細部の意匠がやたらと凝っているのも、棟梁が頑張った証しなのかなとも私は考えてしまいます。

またこの洋館を現地に移築させた山手10番館の先代オーナーは、かなりのマニアな方だったそうで、門柱は新港埠頭と税関敷地を結ぶ新港橋(明治44年架設)の親柱を転用したもの。また時計台の付く謎の洋館?、山手10番館前には居留地時代の境界線石碑も移築されています。洋館だけでなく、こちらの2点の文化遺産も是非チェックしてみてください。
a0110756_1731114.jpg
a0110756_1734812.jpg
こちらが新港橋の親柱。
a0110756_1794746.jpg
a0110756_17101045.jpg
a0110756_1711462.jpg
a0110756_17122099.jpg
こちらは居留地の境界線を表す石碑。どこに設置されていたかは不明。
a0110756_17125049.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2013-03-03 03:03 | ■横浜・山手 | Comments(0)

横浜山手のフェリス女学院短大6号館別館、山手237番館・山手72番館

a0110756_10535936.jpg
◆フェリス女学院短大6号館別館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和初期
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:横浜市中区山手町68


今回は横浜山手の洋館を、三軒まとめて紹介しようと思います。
まずはベーリックホール向かいに建つ、山手68番館です。建物の由来についてはよく知りませんが、外壁をモルタルで塗り、上げ下げ窓という典型的な横浜の洋館と言った感じのスタイル。派手さはないですが、なかなか絵になる洋館です。

a0110756_117625.jpg
a0110756_1173878.jpg
a0110756_1183954.jpg

********************************************************************************************************
a0110756_11152418.jpg
◆山手237-1号館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和初期
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:横浜市中区山手町237-1

そしてこちらの洋館は、クライストチャーチの裏手にあるもの。以前は猫のミュージアムとして、外壁に猫の絵が描かれていましたが、家主が変わったようで普通の外装に戻っています。
敷地の方は道路沿いから想像するしかありませんが、南面に広いベランダが付いてるような感じの作りです。
a0110756_1116281.jpg
a0110756_11164133.jpg

*********************************************************************************************************
a0110756_11234154.jpg
◆山手72番館
  ◎設計:宮内初太郎
  ◎施工:宮内建築事務所
  ◎竣工:昭和4(1929)年
  ◎構造:木造2階建て◎所在地:横浜市中区山手町72  

そしてこちらはベーリックホールの西隣に建つ洋館。十数年前まではこの手前にも同じ作りの洋館が建っていましたが、残念ながら新しい邸宅に建て替えられています。
1996年に横浜市より発行された「都市の記憶 横浜の近代建築Ⅱ」という横浜近代建築の解説書によると、設計者は宮内初太郎という人物とのこと。宮内は横浜の出身で、大正3年に東京高等工業学校(現在の東京工大)の建築科を卒業したとの事。つまり建築家・関根要太郎(1889~1959)の同級生にあたる訳です。こちらもこの時代の横浜らしい洋館ですが、関根要太郎の同級生の作品という事で何やら興味が湧いてきてしまった私であります・・・・・。
a0110756_11252829.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2013-03-02 11:02 | ■横浜・山手 | Comments(0)

横浜山手68番・69番・76番の洋館群

a0110756_9303280.jpg
◆横浜山手68番・69番・76番の洋館


 横浜の山手は現在市の管轄により、戦前に建てられた計7館の洋館が一般に公開されています。
 以前に比べて数こそ少なくなりましたが、その他にも山手界隈には大正末から昭和初期に建てられた洋館が数多く現存しており、現役の住宅として使われております。その中でも最大の見どころと言えば、山手68・69・76番に建つ洋館群でしょう。スパニッシュスタイルが美しいベーリックホール(昭和4年築)から、横浜雙葉高校にかけての尾根道沿いにこれらの洋館は建っていますが、どれもとても洗練されたデザインの邸宅で、一般の住宅とは分かりつつもついついシャッターを押してしまう私であります。
 山手の地は関東大震災で壊滅的な打撃を受け、それ以前の華やかさを取り戻すことは出来なかったともよく言われますが、外国人による山手の暮らしは震災後も続けられていたんだなと痛感させられる華麗な洋館の数々です。こちらの邸宅すべてが一般の住宅として使われていますので、節度を守って見学していただきたいものです・・・・。

*********************************************************************************************************
a0110756_9521540.jpg
★山手76番館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和4(1929)年ころ
  ◎構造:木造2階建て
   ❖横浜市認定歴史的建造物
a0110756_1011267.jpg
a0110756_1013133.jpg
a0110756_1014785.jpg

*****************************************************************************************************
a0110756_1035788.jpg
★山手68‐D館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和7(1932)年
  ◎構造:木造2階建て
   ❖横浜市認定歴史的建造物
a0110756_108256.jpg
a0110756_108246.jpg
a0110756_1092255.jpg

******************************************************************************************************
a0110756_1011248.jpg
★山手69番館
   ◎設計:不詳
   ◎施工:不詳
   ◎竣工:大正12(1923)年
   ◎構造:木造2階建て
    ❖横浜市認定歴史的建造物
a0110756_1041819.jpg
a0110756_10144127.jpg
a0110756_1015949.jpg

***************************************************************************************************
a0110756_10192610.jpg
★山手69-8館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和初期(1926年前後)
  ◎構造:木造2階建て
   ❖横浜市認定歴史的建造物
a0110756_10221483.jpg
a0110756_10223691.jpg
a0110756_10224412.jpg

*****************************************************************************************************
a0110756_10263643.jpg
★山手69-10館
   ◎設計:不詳
   ◎施工:不詳
   ◎竣工:昭和4(1929)年
   ◎構造:木造2階建て
     ❖横浜市認定歴史的建造物
a0110756_1027244.jpg
a0110756_10272328.jpg

************************************************************************************************
a0110756_1031022.jpg
★山手69-6館
   ◎設計:不詳
   ◎施工:不詳
   ◎竣工:昭和5(1930)年
   ◎構造:木造2階建て
a0110756_10312038.jpg
a0110756_1031328.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2013-03-01 23:01 | ■横浜・山手 | Comments(0)

横浜山手公園管理事務所、旧山手68番館

a0110756_8224717.jpg
◆旧山手68番館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和9(1934)年
  ◎移築:昭和61(1986)年
  ◎構造:木造平屋
  ◎所在地:横浜市中区山手町・山手公園内

横浜の山手に訪れてもついその存在を忘れてしまうのが、山手公園内に建つ旧68番館。今回は久々に山手公園に行って参りました。
現在は公園の事務所として使われていますが、当初は外国人向けの住宅として建てられたものです。
公園事務所として移築されたため建物内は住宅時代の面影は殆どありませんが、山手の地にとても似合った洋館と言えるのではないでしょうか。
a0110756_8243069.jpg
a0110756_8261067.jpg
a0110756_826402.jpg
a0110756_827241.jpg
a0110756_8332583.jpg
a0110756_8342294.jpg
a0110756_83581.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2011-10-15 08:15 | ■横浜・山手 | Comments(0)

横浜山手214番館、旧スウェーデン領事館

a0110756_19335311.jpg
◆横浜山手214番館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和初期(1920年代後半)
  ◎構造:木造2階建て、地下1階:鉄筋コンクリート造
  ◎所在地:横浜市中区山手町214

先日別プログにおいて横浜山手の洋館を2軒ほど取り上げさせていただきましたが、今月はその訪問時に撮影した山手の洋館や土木遺産を紹介していこうと思います。
そういう事で最初に紹介させていただくのは、山手214番館。横浜山手と言うとその地域が広いため、地番だけを書くとどこにあるのか想像が付かないかも知れませんが、根岸線の石川町駅から地蔵坂を上りその右手を見上げるとこの洋館は建っています。 外交官の家が建つイタリア山庭園からも袴腰型の屋根は一発で目に付くと思います。そのデザイン、規模ともに山手を代表する戦前築の洋館だと私は思います。
なおこの214番館、関東大震災後に外国人の邸宅として建てられたもので、一時期はスウェーデンの領事館としても使われていたそうですが、現在は横浜共立学園の同窓会の施設として使われているようです。袴腰型の屋根は伝統的な洋風建築を伝承していますが、所々に見られるシャープなデザインは昭和初期のモダン文化の影響も感じ取れます。ちょっとその存在は知られていませんが、是非注目していただきたい横浜山手の素敵な洋館です。

a0110756_1940143.jpg
a0110756_19411288.jpg
a0110756_1942277.jpg
a0110756_19423442.jpg
a0110756_19435948.jpg
a0110756_19451621.jpg
a0110756_1946478.jpg
a0110756_19465456.jpg
a0110756_1948714.jpg
イタリア山庭園から。
[PR]
by tokyo-farwest-net | 2011-10-01 21:01 | ■横浜・山手 | Comments(4)

横浜山手の旧イギリス領事館公邸

a0110756_21143641.jpg
◆横浜市イギリス館(旧英国領事館公邸)
  ◎設計:上海ワーク・オフィス
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和12(1937)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造り2階建て、一部地下1階
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区山手町115-3
   ❖横浜市指定文化財


今回からはまた横浜の建築を何軒か紹介したいと思います。
こちらの旧イギリス領事館公館は、港の見える丘公園内のバラ園に隣接して建ち、横浜でもよく知られた洋館の一つです。
一般向けに常時公開されるようになったのは、約10年前くらいからだったと記憶しておりますが、外観・室内とも大英帝国の繁栄をしのぶことができる優雅な建物であります。また暖炉や室内はシンプルなデザインで纏められており、若干ながら1920~30年代のモダン建築の洗礼を受けているとも考えられます。
また国内には横浜のほか、函館・下関・長崎にイギリス領事館だった建物、また東京半蔵門(一番町)には昭和5年に建てられた英国大使館の建物が今も現役の大使館として使われていますが、横浜の領事館の面白いところは関内の執事の建物と、山手の居住スペースと別れているところです。山手の外国人コミュニティーの場としての期待も込められていたのでしょうが、この建物が竣工した昭和10年代前半は、日本の軍事色が日を追うごとに色濃くなっていた時代ということもあり、社交の場としての活躍はされなかったと想像されます。
そのような世界の激動期の直前に建てられたという意味でも、多くのことを語ることができる建物なのではないでしょうか・・・・?。

a0110756_21162369.jpg
a0110756_21204151.jpg
a0110756_21183797.jpg
a0110756_2119542.jpg
a0110756_21221693.jpg
a0110756_2124887.jpg
a0110756_21253945.jpg
a0110756_21261962.jpg
a0110756_2128393.jpg
a0110756_21294372.jpg
a0110756_213186.jpg
a0110756_2133291.jpg

a0110756_21343951.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-09-01 21:01 | ■横浜・山手 | Comments(0)

カトリック横浜司教館別館(山手45番館)、司教館(山手44番館)

a0110756_17551980.jpg
◆カトリック横浜司教館別館
  ◎設計:糸川工務店
  ◎施工:糸川工務店
  ◎竣工:昭和2(1927)年
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区山手町45-2
   ❖横浜市認定歴史的建造物


今回は山手カトリック教会の近隣に建つ2軒の洋館を紹介したいと思います。
まず最初は司教館の別館として使われている、山手45番館です。山手の本通りを歩いていれば、よく目につく洋館ですが、これまで紹介してきた山手の洋館と同じく大正12年の関東大震災後に建てられたものといいます。
またこの洋館で興味深いことは、日本人により建てられた外国人向けの貸し住宅ということでしょう。また以前にも紹介したように、外国人の居留地として繁栄を極めていた山手は、関東大震災を機に衰退の危機にあり、横浜市をはじめ日本人たちにより外国人向け貸住宅の建設が積極的におこなわれたといいます。そのような横浜の歴史を辿っていくと、この45番館はとても貴重な存在といえるのではないでしょうか。

a0110756_1757493.jpg
a0110756_1801986.jpg
a0110756_1803447.jpg
a0110756_1823686.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
a0110756_184425.jpg
◆カトリック横浜司教館(旧相馬邸)
  ◎設計:妻木頼黄
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治43(1910)年
  ◎移築:昭和12(1937)年
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区山手町44 
   ❖横浜市認定歴史的建造物


そして山手カトリック教会内でもう一つ忘れてはいけない建物が、聖堂の西側に建つ司祭館です。
明治43年に東京に建てられた邸宅を横浜に移築したもので、設計は馬車道の旧横浜正金銀行本店で知られる、明治建築界の大家・妻木頼黄が担当したとのこと。なお数年前に大規模な改築工事がおこなわれ、東側にあった玄関部分が北側に移築されてましたが、外観から見る限りこの箇所の保存だけにとどまっているようです。
また下の2枚の写真は、改築前の1998年と1999年に撮影したものです。

a0110756_188479.jpg
a0110756_1885859.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-04 18:53 | ■横浜・山手 | Comments(0)

横浜山手の34番館

a0110756_2317867.jpg
◆山手34番館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正12(1923)年、関東大震災以降
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区山手町34


今回紹介する邸宅は山手本通りに建つもので、一般公開はおこなわれていませんが、山手に現存する戦前築の洋館の中ではトップクラスに入る優れた作品です。
比較的小振りな作りではありますが、腰折れ式のマンサール型屋根、2階部分のスレート葺きなど、重厚感ある佇まいは周辺の建物とは違う存在感を放っています。また2階外壁にスレートが葺かれていることもあり、神戸・北野異人館の〔うろこの家〕を連想する方もいらっしゃるかも知れません。個人の所有ということで公には紹介されることは殆どありませんが、ハマ版・うろこの家とアピールをしたくなるような存在です。

そしてこの邸宅も、山手に現存する洋館と同じく関東大震災後に建てられたものと言います。震災を機に横浜で暮らしていた外国人の殆どは、神戸をはじめ他の町に転居し、これ以降山手では小中規模の邸宅が多く建てられたといいます。山手34番館も、この当時建てられた山手の洋館と同様シンプルな作りですが、「この先も私は横浜で暮らし続けるのだ!」という当時の施主の意志を私は感じてしまいます。
また数年前に大規模な改修がおこなわれ、ご覧のように輝いた姿になっています。一般の方が所有されているので、迷惑にならない程度に見学して頂きたい横浜の名邸宅のひとつです。

a0110756_23195168.jpg
a0110756_23184162.jpg
a0110756_23213482.jpg
a0110756_23221191.jpg
a0110756_23235812.jpg
a0110756_23252145.jpg
a0110756_23262919.jpg
こちらは34番館の近くにある洋館。これも関東大震災後に建てられたもののよう。
[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-03 00:00 | ■横浜・山手 | Comments(10)

横浜山手のブラフ18番館

a0110756_22591681.jpg
◆ブラフ18番館(旧カトリック山手教会司祭館)
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正12(1923)年、関東大震災以降
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区山手町18・イタリア山庭園内
   ❖横浜市認定歴史的建造物


このところ少し間があいてしまいましたが、今回から数回ほどは横浜・山手の洋館を紹介したいと思います。
そういうことで、今回取り上げるのは山手イタリア山庭園内にあるブラフ18番館。もとは山手本通りに建つカトリック山手教会の司祭館として使われていたものですが、平成5年に現在地に移築されたものです。今では横浜山手に現存する数軒の戦前築の洋館(邸宅)が一般に公開され、観光の定番スポットとして親しまれていますが、その中でも早い時期に公開されたのがこのブラフ18番館だったと私は記憶しています。
建物正面のベイウインドウは、いかにも洋館らしい佇まい。その外観や内装だけでも堪能して頂けるとは思いますが、もう一つ興味深いのがこの建物は関東大震災以前にあった邸宅の部材を転用していることです。それ以前の山手は写真のみでしか想像できませんが、この建物はその部材を引き継ぐ事で、華やかだった関東大震災前の山手を後世に伝えているということになります。正直なところ、以前は神戸や長崎の異人館に比べもの足りさを感じていた私でしたが、このようなヒストリーを知るうちに現在残されている横浜山手の建造物に愛着を感じるようになったものです。
小難しい話は別にしておいて、いつ訪れても穏やかな気持ちになれる美しい洋館であります・・・・。

a0110756_2304179.jpg
a0110756_2314947.jpg
a0110756_2322126.jpg
a0110756_2335494.jpg
a0110756_2351870.jpg
a0110756_2362953.jpg
a0110756_2314346.jpg
a0110756_055321.jpg
a0110756_2310469.jpg
a0110756_23122688.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-02 00:02 | ■横浜・山手 | Comments(0)