タグ:東京・新宿区 ( 3 ) タグの人気記事

東京・明治神宮野球場

a0110756_2022565.jpg
◆明治神宮野球場
  ◎設計:小林政一
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正15(1926)年10月
  ◎構造:鉄筋コンクリート造
  ◎所在地:東京都新宿区霞ヶ丘町3-1


ここ二ヶ月ほど、こちらのプログをお休みしていましたが、久しぶりに最新記事を更新してみようと思います。
そういう事で、久々の記事で紹介するは東京の神宮球場。大学野球とヤクルトスワローズの本拠地としてお馴染みの球場ですが、今年の9月にこちらで約数年ぶりに野球観戦をしてきました。というのは、今年の春に私の母校・K大学が東都大学野球リーグの一部に昇格しまして、その応援で神宮球場を訪ねた次第です。東都大学リーグは全21大学が所属しているため四部リーグで構成され、神宮の本球場で試合ができるのは一部に昇格した大学のみ。いくら負けても神宮で試合ができる東京六大学野球リーグとは違い(失礼!)、サバイバルの大学リーグなのです。

ちょっと本プログの主題とは話が逸れましたが、明治神宮球場は大正15年10月の竣工。日本国内の野球場では、阪神甲子園球場に次ぐ歴史あるスタジアムです。球場内は大規模な改修がおこなわれている事もあってか、築80数年という歴史を感じさせる箇所は少ないですが、グラウンド面に向かって直線状になったスタンドはいかにも戦前の建造物と言った感じの造りです。また球場外周には、神宮球場の顔とも言うべきアーチ型の回廊のほか、基礎部の粗石積みの装飾やレトロ感たっぷりの入場券売り場など、この球場のこれまでの歴史を物語る箇所が多くあります。最新設備が備わったドーム球場全盛の現在、神宮球場というと客席や通路が狭いなど不便な点がよく取り上げられます。これは個人的な意見ですが、アメリカ・ボストンのフェンウェイパークや、シカゴのリグレーフィールドのように、レトロ感を強調した改修をしてみるのも面白いのではないかと思います。築80数年の歴史ある球場に、今風の青い客席はやはり似合わないような気がします。

しかし秋空の下、新宿の高層ビル群を横目にしながらの野球観戦は最高でした。私の母校は残念ながら秋のリーグ戦を持って東都大学一部リーグから降格してしまいましたが、再び一部に昇格してまた神宮に応援しにいきたいものです。

a0110756_204313.jpg
a0110756_2055358.jpg
a0110756_20201584.jpg
a0110756_2064128.jpg
a0110756_20864.jpg
a0110756_2094350.jpg
a0110756_2012989.jpg
a0110756_20205688.jpg
a0110756_20132219.jpg
a0110756_2015548.jpg
a0110756_20164194.jpg
a0110756_2017457.jpg
a0110756_20184174.jpg
a0110756_20191617.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-12-08 22:08 | ■東京・23区

東京・新宿区立佐伯祐三アトリエ記念館

a0110756_538506.jpg
◆佐伯祐三アトリエ記念館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正10(1921)年
  ◎構造:木造
  ◎所在地:東京都新宿区中落合2-4-22
   ❖新宿区指定史跡


本日別プログで新宿区中井の林芙美子記念館を紹介させていただきましたが、そこの案内係の方にいただいたのが佐伯祐三記念館のパンフレットでした。
佐伯祐三(1898~1928)と言えばパリへの留学経験を持つ、夭折の画家。その佐伯が新婚当時に建てたのが、中落合の邸宅でした。また妻・米子さんが存命されていた頃は、邸宅部分も現存していたと言いますが、今は洋風下見板張りのアトリエのみが残されております。今から10年くらい前に一度訪ねたことはあったのですが、その頃は内部見学は不可でかなり建物も朽ちていました。しかし最近リニューアル工事が施され、佐伯の生前の足跡を紹介するミニギャラリーとしてオープンしています。
佐伯祐三の作品展には何度か足を運んだことがありますが、哀愁を帯びた落合界隈の風景画に心打たれた私としてはそれらの絵がここで描かれたと思うと、やはり感動してしまいます。佐伯が落合で暮らした大正末から昭和はじめとは、この周辺の風景はすっかり様変わりしている筈ですが、このような建造物が残すことによって当時に思いを馳せることが出来るのではないでしょうか。そう考えると、この施設のオープンはとても意義深いことだと思います。

a0110756_5412337.jpg
a0110756_5424324.jpg
a0110756_5442749.jpg
a0110756_5462173.jpg
a0110756_5474968.jpg
a0110756_5483987.jpg
a0110756_5504694.jpg
a0110756_5521672.jpg
a0110756_5524232.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-07-10 07:10 | ■東京・23区

早稲田大学大隈講堂

a0110756_22132995.jpg
◆早稲田大学大隈講堂
   ◎設計:佐藤功一、佐藤武夫
   ◎施工:清水組
   ◎竣工:昭和2(1927)年
   ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造り
   ◎所在地:東京都新宿区早稲田1-6-1 
    ❖国指定重要文化財


先日別プログのほうで早稲田大学の坪内博士演劇記念館を紹介させていただきましたが、早稲田の顔と言えばやはりこの大隈講堂でしょう。
設計は早稲田大学の建築学科の創設者の一人で、その後同大学の主任教授を務めた佐藤功一(1878~1941)と、同校の卒業生でのちに早稲田の教授となった佐藤武夫(1899~1972)によるものです。早稲田といえば私立大学ではじめて建築科を開設し、数多くの建築家を育てたことで知られますが、早稲田の教えをこの講堂で体現したのではと思える風格溢れるデザインです。
東京大学の安田講堂の近寄りがたい雰囲気とは正反対の明るさも、大隈講堂の素晴らしいところだと思えます。

a0110756_22153615.jpg
a0110756_22165179.jpg
a0110756_22174212.jpg
a0110756_22235240.jpg
a0110756_22183452.jpg
a0110756_22212211.jpg
a0110756_22221036.jpg
a0110756_222617100.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-08-05 00:05 | ■東京・23区