タグ:東京・台東区 ( 3 ) タグの人気記事

東京国立博物館表慶館

a0110756_04585877.jpg
◆旧東京帝室博物館表慶館
 ◎設計:片山東熊、高山幸次郎ほか(宮内庁内匠寮)
 ◎施工:直営
 ◎竣工:明治42(1909)年
 ◎構造:煉瓦造、一部石造
 ◎所在地:東京都台東区上野公園13
  ❖国指定重要文化財

 
先日、東京上野の東京国立博物館の顔とも言うべき本館(昭和12年築)を紹介しましたが、その左隣に建つのがこの表慶館です。
個人的には本館や表慶館の向かいに建つ東洋館(設計:谷口吉郎、昭和43年築)ばかりに注目してしまい、撮影するをついつい忘れてしまうのですが、上野国立博物館の展示施設の中ではいちばんの古株になります。この表慶館、当時の皇太子(のちの大正天皇)のご成婚を記念し建設が決定。明治42(1909)年に竣工しています。
私が学生の頃は考古学の展示スペースとして使われていましたが、平成館や法隆寺館のオープンに伴い、不定期な公開施設になっているようです。ちなみに私が東京国立博物館を訪ねた8月は、残念ながら門の扉が固く締められていました。

さてこの表慶館、最大の売りと言えばヨーロッパの宮中建築と見間違えるような、優雅なバロック建築の外観でしょう。これは宮内省内匠寮により設計・建設されたもので、当時宮中建築の建設を取り仕切っていた片山東熊(1854~1917)などが中心となり設計され、ご覧のような博物館施設が竣工した訳です。同時期に片山は、宮内省内で東京四谷の赤坂離宮(現在の迎賓館)をはじめ、幾つかのプロジェクトを掛け持ちしていましたが、どれもクオリティーの高い古典的な洋風建築を完成したことは注目に値します。
次回の訪問時はぜひ中も見学したい建築作品です。


a0110756_05121197.jpg
a0110756_05333001.jpg
a0110756_05534979.jpg
a0110756_05322077.jpg
a0110756_05550749.jpg
a0110756_05553803.jpg
a0110756_05543457.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2016-09-10 06:10 | ■東京・23区

同潤会上野下アパート

a0110756_1751282.jpg
◆同潤会上野下アパート
  ◎設計:同潤会
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和4(1929)年3月
  ◎構造:鉄筋コンクリート造2階建て
  ◎所在地:東京都台東区東上野5-4-3


この同潤会アパートメントは、地下鉄銀座線の稲荷町駅のすぐそばにあるものです。
同潤会は関東大震災後の住宅供給を目的に東京・横浜に10数箇所のアパートを建てましたが、この上野下アパートはその中で現存する数少ない作品であります。同潤会アパートというと解体時に話題になった江戸川橋や青山などの大規模施設を想像してしまいますが、この上野下アパートは鉄筋コンクリート造4階建ての棟が二つだけの小規模なものです。外観を見る限りでは築80年を過ぎたとは思えないほど、メンテナンスが行き届いているのも驚きであります。このアパートが竣工したのは日本初の地下鉄が上野・浅草間に開通した約1年半後、その駅を下車してすぐの場所に建つ上野下アパートは当時の人々にとっては高根の花だったに違いありません。
現在も一般の方が住まわれているので迷惑にならない程度に見学していただきたい、昭和戦前のモダン東京の雰囲気を今に伝える貴重な遺産であります・・・・。

a0110756_177446.jpg
a0110756_1783184.jpg
a0110756_1795352.jpg
a0110756_17111776.jpg
a0110756_17142260.jpg
a0110756_17161298.jpg
a0110756_17175193.jpg
a0110756_17191447.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-04-03 18:03 | ■東京・23区

旧岩崎家邸宅

a0110756_15381760.jpg
◆旧岩崎久弥邸
  ◎設計:ジョサイア・コンドル
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治29(1896)年
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:東京都台東区池之端1-3-45
  ★国指定重要文化財


東京台東区にある、かっての三菱財閥の総帥・岩崎久弥の旧邸。設計は日本近代建築界の父と言われる、ジョサイア・コンドル(1852~1920)。
戦後はGHQに接収、その後は法務省の施設として使われ、長らく幻の邸宅と言われていたものですが、数年前より一般公開されることになり、その間もなくに撮影したのが今回ご覧いただている写真です。私が近代建築を興味を持ち始めたのが約10年前、その頃は不忍池から伸びる無縁坂を『ここに旧岩崎家の邸宅があるのか・・・・』と思いながら、よく歩いていました。初めて実際にこの岩崎邸を見た時は感動の一言でした。
この当時は邸宅内は改装工事の真っ最中、南側のベランダも足場が組んであったため、邸宅北側と隣に建つ撞球室のみの撮影になってしまいました。室内の写真等は再訪の機会があれば、改めて紹介したいと思います。

a0110756_15393259.jpg
a0110756_15402899.jpg
a0110756_15414346.jpg
a0110756_154248100.jpg
a0110756_15445122.jpg
a0110756_15462510.jpg
a0110756_15485878.jpg
a0110756_15501189.jpg
a0110756_15511683.jpg

★撮影・・・・・2003年ころ
[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-01-18 23:45 | ■東京・23区