タグ:保岡勝也 ( 4 ) タグの人気記事

東京文京区の旧麻田駒之助邸

a0110756_11304139.jpg
◆旧麻田駒之助邸
  ◎設計:保岡勝也
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正10(1921)年、大正12(1923)年
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:東京都文京区西片
   ❖国登録有形文化財


先月、久しぶりに訪れたのが文京区の西片。東京の地理に詳しい人でないとピンと来ない地名かも知れませんが、東京大学の本郷キャンパスの西側にある古くからの高級住宅街です。東京の高級住宅街というと高台に位置しているものが殆どですが、この西片もその例に洩れず本郷の小高い山の上にあります。また古くからの住宅街という事もあり、町の所々に年代物の古い屋敷が残り、この町の歴史の長さを今に伝えています。
さてそのような西片にある代表的な屋敷と言うのが、この旧麻田駒之助邸です。この麻田氏、中央公論社の初代社長を務めた人物で、大正10年から12年にかけて建てられたのが冒頭の写真でご覧頂いた邸宅になります。設計は三菱の技師長を務めた経験もある建築家・保岡勝也(1877~1942)によるもの。保岡といえば川越の旧八十五銀行本店の設計などが知られますが、得意分野は住宅の設計。その現存作品がこの邸宅になる訳です。当時の日本住宅は和洋の生活スタイルをいかに融合させるかという事が主題に置かれていましたが、こちらでは和洋を分離させるという手法を用いています。無理に実験的な事をやるよりも、無難な手法でその難題を解決させたと言ったところじょうか。西片という町にピッタリの落ち着いた邸宅であります・・・・・。

a0110756_11333552.jpg
a0110756_11352132.jpg
a0110756_1136174.jpg
a0110756_11373528.jpg
a0110756_113857.jpg
a0110756_11382715.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2011-06-11 11:11 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京清澄庭園の涼亭

a0110756_14523043.jpg
◆清澄庭園の涼亭
  ◎設計:保岡勝也
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治42(1909)年
  ◎構造:木造平屋
  ◎所在地:東京都江東区清澄3-3-9(清澄庭園内)
   ❖東京都選定歴史的建造物


今年は4月になっても真冬のような陽気が続いていますが、先週のポカポカ陽気の日に訪れたのが東京江東区の清澄庭園でした。
清澄庭園というと、江戸の豪商・紀伊国屋文左衛門の屋敷だったと言われる場所で、その後下総国・関宿の城主久世大和守の下屋敷として使われていた土地を、明治に入り三菱の創始者である岩崎弥太郎が買収し造成したのがこの庭園の始まりだと言います。

また関東大震災後にこの庭園は東京市に寄贈され一般に公開されるようになりましたが、岩崎家が所有していた頃の遺構の一つが今回紹介する涼亭です。
明治42年に国賓として来日したイギリスのキッチナー元帥を迎えるために岩崎家が建てられたものだそうで、設計は当時三菱の建築事務所の所長だった保岡勝也(1877~1942)が担当したと言われています。保岡の設計作品というと川越の旧八十五銀行本店旧山吉デパートなど、三菱の建築事務所を退社した後の作品が現存していますが、三菱の建築事務所に在籍していた明治期の現存する作品はこの涼亭のみのようです。池にせり出した数寄屋造りの涼亭は、庭園全体を見渡せる絶好の場所に建っており、この庭園のシンボル的な存在であります。機会があれば亭内からの景色も楽しみたいなとも思った今回の訪問でした・・・・・。
a0110756_14555869.jpg
a0110756_14572054.jpg
a0110756_14584914.jpg
a0110756_1502560.jpg
a0110756_1521349.jpg
a0110756_1533295.jpg
a0110756_1593025.jpg
a0110756_1574966.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-04-16 16:16 | ■東京・23区 | Comments(1)

川越の旧山吉デパート

a0110756_18483617.jpg
◆旧山吉デパート
  ◎設計:保岡勝也
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和11(1936)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造3階建て
  ◎所在地:埼玉県川越市仲町6-6


川越蔵造り通りに残る戦前築の洋風建築と言えば、ドーム屋根の旧八十五銀行本店:現埼玉りそな銀行川越支店(大正7年築)が代表的な建造物としてあげられますが、もうひとつ忘れてはいけないとても素敵な建物があります。それが今回紹介する旧山吉デパートです。
鉄筋コンクリート製3階建てのこのビルディングは、昭和11年に川越初の高級デパートとして建てられたもので、設計は先に紹介した旧八十五銀行の設計を手掛けた建築家・保岡勝也(1877~1942)が担当しています。保岡は明治末に三菱の営繕課に在籍し同社関連の建造物を数多く手掛けましたが、大正2年に個人の設計事務所を開設、それから間もない時期に川越貯蓄銀行本店(大正5年築:現存せず)、そして八十五銀行本店の設計を手掛けています。恐らく川越山吉デパートの経営陣は、そのような実績を買って保岡に設計を依頼したのでしょう。
建物の規模は大都市にあるデパート建築に比べれば小規模なものですが、竣工当初は屋上に庭園が設けられ、玄関周辺にはステンドグラス取り付けられるなどとても華のある建物だったようです。またこの建物今から数年前まで空き家の状態でしたが、現在は歯科医院として再生活用されご覧のような美しい姿へと生まれ変わっています。川越を訪れた際には是非とも注目していただきたい、昭和初期の川越のモダンぶりが伺える素敵な建物であります・・・・・。

a0110756_18533219.jpg
a0110756_18552539.jpg
a0110756_18565489.jpg
a0110756_18595825.jpg
a0110756_193145.jpg
a0110756_19556.jpg
a0110756_1965564.jpg
a0110756_198489.jpg
a0110756_1992612.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-03-16 20:16 | ■埼玉・川越 | Comments(0)

埼玉りそな銀行川越支店、旧八十五銀行本店

a0110756_23164950.jpg
◆旧八十五銀行本店(埼玉りそな銀行川越支店)
  ◎設計:保岡勝也
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正7(1918)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造り3階建て
  ◎所在地:埼玉県川越市幸町4 
   ❖国登録有形文化財


川越は〔時の鐘〕が町のシンボルとして、広くよく知れ渡っていますが、もう一つ忘れてはいけない町のシンボル的存在は埼玉りそな銀行の川越支店でしょう。この建物は、大正7年に川越の地場銀行・第八十銀行の本店舗として建てられたものです。NHKで現在放映されている朝の連続ドラマにもよく登場しているので、この白亜の建物をご記憶されている方も多いかも知れません。

白タイルの外壁に搭屋のドームが印象的な建物は、明治末に三菱専属の建築家として活躍した保岡勝也の設計により建てられたもの。保岡はこの時期、八十五銀行のほかに川越では川越貯蓄銀行(昭和10年代に建て替え、その後の店舗も既に取り壊し)、また昭和10年代には幸町の山吉デパートの設計も手掛けるなど、川越と縁が深い建築だったようです。
またこの建物の塔、間近から見てもその高さに圧倒されますが、西武線の本川越駅付近やそれなりの距離が離れた所からでも、建物の間からドームの付いた搭を見つけることができます。さぞかし昔は、町のランドマーク的な存在だったと思われます。
なお外観デザインはルネサンスという西欧の古典様式をモチーフとしていますが、全体的に大正半ばらしい明るさを兼ね備えており、大正モダン建築という観点からもとても貴重な作品とも言えるでしょう。

a0110756_23203854.jpg
a0110756_23323097.jpg
a0110756_23232264.jpg
a0110756_12275955.jpg
a0110756_2324882.jpg
a0110756_23254278.jpg
a0110756_23265822.jpg
a0110756_2328176.jpg
a0110756_23294710.jpg
a0110756_23311571.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-30 00:06 | ■埼玉・川越 | Comments(0)