タグ:ホテル・旅館 ( 2 ) タグの人気記事

ホテル・ラビスタ函館ベイ

a0110756_874517.jpg
◆ラビスタ函館ベイ
 ◎設計:大成建設一級建築士事務所
       ☆内装・・・・高橋洋介、徳野博子
       ☆建築・・・・町井充、桜井啓三、高橋秀明
 ◎施工:大成建設札幌支店
 ◎竣工:平成20(2008)年4月
 ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造13階建て
 ◎所在地:函館市豊川町12-6


今年3月の函館旅行はオフピークの期間で料金が安かったこともあり、今まで泊まったことがない豊川町のラビスタ函館ベイを利用しました。ラビスタは平成20(2008)年のオープン以来、屋上の露天浴場や豪華朝食バイキングなどで話題を提供した、函館の新名所であります。
ちなみにこのホテル、安田倉庫の跡地に建設されたものです。またこの倉庫、解体直前は外壁が大きく改修されていましたが、明治初期に開拓使が食料の備蓄庫として建てられたものでした。また明治10年代に、安田財閥の創業者である安田善次郎がこの倉庫を買い取り、それから一世紀以上に渡り倉庫として使われることになりました 。またホテル建設計画が発表された当初は、一世紀以上の歴史を誇る倉庫が解体されることと、ベイエリアなど函館の都市景観形成地域に隣接するこの土地に高層建築を建設することにより、今までの素晴らしい景観が損なわれるのではないか等、様々な議論を起こしながらホテルはオープンへ至りました。
なおホテル建設に際し、以前に建っていた倉庫の外壁から見つかった煉瓦は1階にファザード保存されました。ちなみにこの煉瓦、現在で言うところの北斗市(上磯)の茂辺地にある開拓使の煉瓦工場で焼かれたもので、[明治●年 函館製造]と刻印が記された煉瓦も幾つか使用されています。なお同時期にこの工場で焼かれた煉瓦は、元町公園の開拓使函館支庁書庫末広町・旧金森洋物店裏の煉瓦擁壁などに見つけることが出来ます。このような外壁保存の建造物と同様、高層階にあたる新築部分と違和感が生じているのが素直な感想ですが、ホテル内には旧倉庫の展示コーナーを設置するなど、これまでの歴史を大切にしようとする姿勢は評価するべき点だと思います。

但しベイエリアの中心地であるこの場所に建てられた高層建築は、元町の坂上などに上るとやたらと目に付きます。例としてハリストス正教会の敷地から元町カトリック教会を撮影した写真など数点を掲載しましたが、このホテル出現前の風景を知る私にとっては、なかなか馴染めない存在でもあります。しかしホテルの部屋から見る函館の町並みは絶景そのもの、景観を遮断しただけの価値があるものだと思います。レトロ調の室内やインテリアも、函館のイメージを損なわない素敵な演出だと思います。
大規模ホテルだけあり、朝食・フロントなど人が多く落ち着かない感じもしましたが、機会があればまた泊まりたいと思える施設でした。

a0110756_820877.jpg
a0110756_8162187.jpg
a0110756_8255243.jpg
a0110756_8204778.jpg
a0110756_831950.jpg
a0110756_818858.jpg
a0110756_8293180.jpg
a0110756_8302996.jpg
a0110756_8305238.jpg
a0110756_830826.jpg
a0110756_835522.jpg
a0110756_8354632.jpg
a0110756_8392770.jpg
a0110756_8371115.jpg
a0110756_1045781.jpg
a0110756_9135321.jpg
a0110756_915152.jpg
a0110756_1010373.jpg
a0110756_1010519.jpg
a0110756_1094452.jpg
a0110756_10112499.jpg
a0110756_10114914.jpg
a0110756_1014291.jpg
a0110756_1012428.jpg
a0110756_10213467.jpg
a0110756_10174194.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2016-04-23 10:23 | ■函館

門司港ホテル

a0110756_2149486.jpg
◆門司港ホテル
  ◎設計:アルド・ロッシ(Aldo Rossi)、内田繁(内部意匠)
  ◎施工:フジタ、若菜建設
  ◎竣工:平成10(1998)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造9階建て
  ◎所在地:福岡県北九州市門司区港町9-11


本日は近代建築というカテゴリーから外れますが、4月下旬の関門・北九州旅行の際泊まった門司ホテルを取り上げたいと思います。この門司港ホテルは、門司港周辺の再開発のメイン事業として建設が決定、約二年の工期を経て1998年に竣工したものです。私が初めて門司港へ訪れた1998年は、このホテルはオープンして間もない頃で、とても煌びやかな印象を持ったものです。それから十数年後、念願の初宿泊を果たした次第です。ホテル施設は竣工から十数年経っている事や、ここ数年の経営難などでメンテナンスが行き届かなかったのでしょうか、傷んでる箇所も少くなからずありましたが、門司港と関門海峡の美しい景色を十分満喫することが出来た次第です。

さてこのホテルの外観デザインは、イタリア人建築家アルド・ロッシ(Aldo Rossi、1931~1997)が担当し、内部インテリアは横浜出身のデザイナー・内田繁(1943~)氏が担当しています。周辺の明治末から昭和初期に建てられた歴史的建造物と、トーンは全く合っていませんが、不思議とそれらの建造物と馴染んでいるのは面白いものです。門司港レトロの核とも言うべきこのホテル、門司港へ訪れる機会がまたあるなら是非とも泊まりたい素敵なホテルでした・・・・・。

a0110756_21574969.jpg
a0110756_21583189.jpg
a0110756_21593958.jpg
a0110756_2232157.jpg
a0110756_2243126.jpg
a0110756_2261443.jpg
a0110756_2283332.jpg
a0110756_22101930.jpg
a0110756_2213558.jpg
a0110756_22104929.jpg
a0110756_22134710.jpg
a0110756_22155265.jpg
a0110756_22185313.jpg
a0110756_22202422.jpg
a0110756_22205214.jpg
a0110756_2222417.jpg
a0110756_22225888.jpg
a0110756_22233348.jpg
a0110756_22241765.jpg
a0110756_22253760.jpg
a0110756_22302688.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2015-06-05 23:05 | ■北九州・門司