タグ:アントニン・レーモンド ( 6 ) タグの人気記事

東京銀座の教文館・聖書館ビル

a0110756_655222.jpg
◆教文館・聖書館ビル
  ◎設計:アントニン・レーモンド
  ◎施工:清水組
  ◎竣工:昭和8(1933)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造8階建て
  ◎所在地:東京都中央区銀座4-5-1


 先日、別ブログで銀座4丁目の和光本館・旧服部時計店(昭和7年築)を紹介させていただきましたが、そのすぐそばにあるのが教文館ビルです。一見した限りでは築30~40年の建物に見えますが、竣工は和光本館の竣工の翌年にあたる昭和8年で、その頃の外観は直線を強調したアールデコ風の洒落たものだったといいます。
 またこのビルの設計は、チェコ出身のアメリカ国籍の建築家:アントニン・レーモンド(Antonin Raymond、1888~1976)が手掛けています。教文館・聖書館はアメリカメゾシストの団体なので、その縁でレーモンドが設計をおこなうようになったと想像されます。外観は竣工当初の面影を残す場所は全くありませんが、聖書館・教文館を結ぶエントランスには、美しいアールデコの装飾が施されています。この近くに立ち寄った際には、是非この美しい空間を堪能してみて下さい・・・・。

a0110756_694532.jpg
a0110756_6112153.jpg
a0110756_612189.jpg
a0110756_6124222.jpg
a0110756_6173559.jpg
a0110756_6181065.jpg
a0110756_6201477.jpg
a0110756_6142838.jpg
a0110756_6182757.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2014-05-31 06:31 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京芝の聖オルバン教会

a0110756_23281793.jpg
◆聖オルバン教会
  ◎設計:アントニン・レーモンド〔Antonin Raymond〕
  ◎施工:白石建設
  ◎竣工:昭和31(1956)年
  ◎構造:木造平屋、一部2階建て
  ◎所在地:東京港区芝公園3-6-35


こちらの教会は、先日紹介した東京タワーから西に百メートルほど進んだ場所にあるもので、チェコ出身の建築家:アントニン・レーモンドの設計により昭和31年に竣工したものといいます。
この坂下にある桜田通りの喧噪がまるで嘘のように感じてしまう、都会の清涼剤のような存在の教会です。
また木造な小さな教会ということもあり、建物のスタイルこそ異なりますがレーモンドの設計作品・軽井沢のセントポール教会をも連想してしまう佇まいであります。
向いに建つ高層ビルや、土地を無理やり開墾したためか妙に不自然な印象を感じてしまう桜田通りのことを忘れていただければ、どこかの高原へ訪れたような気分にもなれるかも知れません。さすがにそれは無理ですか・・・・・?。

a0110756_23232046.jpg
a0110756_23285789.jpg
a0110756_2330597.jpg
a0110756_2331115.jpg
a0110756_23321998.jpg
a0110756_23331785.jpg
a0110756_23334192.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-10 00:10 | ■東京・23区 | Comments(2)

横浜・パークシティ本牧クラブハウス(旧山手250番館)

a0110756_2382656.jpg
◆旧横浜山手250番館/スタンダード石油会社社宅
  ◎設計:アントニン・レーモンド
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和4(1929)年
  ◎移築:昭和60(1985)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造り2階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区本牧原5-5-4 (旧所在地は中区山手町250番地)


先日は横浜ゆかりのチェコ人建築家:アントニン・レーモンド設計作品であるエリスマン邸を取り上げましたが、もう一軒横浜に現存するレーモンド設計の邸宅を紹介します。
現在この建物は本牧のマンションのクラブハウスとして使われていますが、もとは横スタンダード石油の社宅として横浜山手の250番地に建てられたものといいます。外観は山手に現存する旧ライジングサン石油社宅(現フェリス女学院10号館)に似た印象を受けます。しかし旧ライジングサン石油の社宅が屋根が平坦なフラットルーフなのに対し、こちらの建物は屋根瓦を用いるなど徹底的なモダンさの追求というより、伝統とモダンの融合といった感じのデザインが特徴としてあげられます。また構造は鉄筋コンクリート、窓枠のサッシは鉄製など、昭和初期の最新技術が多く用いられた邸宅のようです。
また現在はマンションのクラブハウスとして使われていますが、周りの高層マンションや通りの並木と不思議とマッチしているのは、やはりこの邸宅のデザインの素晴らしさが際立っているからではないかとも、久しぶりの訪問でふと思ってしまいました。

a0110756_239183.jpg
a0110756_2310533.jpg
a0110756_231017100.jpg
a0110756_231118100.jpg
a0110756_23113782.jpg
a0110756_23121771.jpg
a0110756_23122913.jpg
a0110756_23124399.jpg
a0110756_23135680.jpg
a0110756_23143751.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-05-26 00:00 | ■横浜・本牧根岸 | Comments(2)

横浜山手のエリスマン邸

a0110756_6421589.jpg
◆山手・エリスマン邸
  ◎設計:アントニン・レーモンド
  ◎施工:清水組
  ◎竣工:大正15(1926)年
  ◎移築:平成2(1990)年
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区元町1丁目・元町公園内


今月は横浜都市発展記念館でおこなわれている展示企画・横浜建築家列伝で紹介されている建築家が設計した作品を取り上げてきましたが、今回と次回の2回は横浜ゆかりの建築家:アントニン・レーモンド(1889~1976)の作品をご覧いただきたいと思います。

本日ご覧いただいているエリスマン邸は、レーモンド設計により山手127番地に大正15(1926)年に竣工した洋館。旧所在地のマンション建設に伴い、平成2(1990)年に外人墓地隣の元町公園内に移築されたものです。現在横浜山手には数軒の西洋館が横浜市の管理により無料公開されていますが、いちばん最初に公開されたのがこのエリスマン邸でした。
レーモンドといえば日本にモダンな建築スタイルを紹介した建築家として知られますが、このエリスマン邸もドイツ下見板や鎧窓など伝統的なスタイルを用いつつも、全体的にシンプルな出来栄えで、レーモンドがこの後モダニズムへと作風を変えていく兆候が窺える作品といわれています。また一般の公開はされていませんが、同じ山手にある旧ライジングサン石油社宅(現フェリス女学院10号館、昭和4年築)など、レーモンドの原点ともいえる作品も現存しています。また次回は少し足をのばして、横浜本牧に現存するレーモンド作品を紹介したいと思います。

a0110756_6443233.jpg
a0110756_6461785.jpg
a0110756_6472715.jpg
a0110756_6482823.jpg
a0110756_6495212.jpg
a0110756_6525561.jpg
a0110756_6511571.jpg
a0110756_6541123.jpg
a0110756_6595958.jpg
a0110756_6554421.jpg
a0110756_657859.jpg
a0110756_734840.jpg
a0110756_6582294.jpg
a0110756_705849.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-05-23 07:46 | ■横浜・山手 | Comments(0)

東京築地の聖路加国際病院旧棟

a0110756_1135534.jpg
◆聖路加国際病院旧棟
  ◎設計:A・レーモンド、J・V・W・パーカミニー
  ◎施工:清水組
  ◎竣工:昭和8(1933)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造り7階建て
  ◎所在地:東京都中央区明石9-1
   ❖東京都選定歴史的建造物


今月は東京日本橋界隈の近代建築を紹介していますが、今回だけ同じ中央区内にあるこの建物を紹介させてください。
その建物とは、築地(厳密にいえば明石町)にある聖路加国際病院、昭和8年に竣工した塔の美しい病院の旧棟です。この病院は、戦前戦後を通し日本で活躍したチェコ出身の建築家:アントニン・レーモンドが基本設計をなし、その後バーカミニーがそれを引き継ぎ竣工させたと言われています。なお竣工当時は搭が付いた中央棟部分の左右に病棟がありましたが、十数年前に新たな病棟に建て替えられ、現在の姿になったようです。なおこの1階には、有名な聖路加病院のチャペルが置かれています。
正面はアールデコ調のモダンな雰囲気を漂わせていますが、裏手にまわると中世ゴシック風のスタイルという、伝統とモダニズムの融合したデザインが印象的です。またこの周辺を歩くと、遠くからでも聖路加の塔を見つけることができます。この界隈で暮らす人たちにとっては、昔から街の象徴だったのではないかと聖路加の塔を見て思ってしまいました。この聖路加病院は東京が誇る美しい建物の一つといえるのではないでしょうか・・・・?。

a0110756_1171622.jpg
a0110756_119353.jpg
a0110756_1113132.jpg
a0110756_11155134.jpg
a0110756_1192566.jpg
a0110756_1112433.jpg
a0110756_11175080.jpg
a0110756_1121127.jpg
a0110756_11232499.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-04-18 11:52 | ■東京・23区 | Comments(0)

横浜伊勢佐木町の不二家

a0110756_22483722.jpg
◆横浜伊勢佐木町の不二家
  ◎設計:アントニン・レーモンド
  ◎施工:戸田組
  ◎竣工:昭和13(1938)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート5階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-6-3


横浜・伊勢佐木町には何軒かの戦前築の建物が現存していますが、それらはとてもモダンで、この街のお洒落な雰囲気を彩っています、その中でもとびきりお洒落な建物は、昭和13(1938)年に竣工したこの不二家でしょう。
設計はチェコ出身の建築家:A・レーモンド(1889~1976)。レーモンドは大正12年に竣工した東京・帝国ホテルの建設のため、フランク・ロイド・ライトと共に来日。帝国ホテル竣工後も日本にとどまり数多くのモダン建築を設計した建築家です。また戦前のレーモンド設計作品の中では数少ない商業施設の現存作品とのことです。
壁の大部分にはめられたガラスブロックは、築70年以上経った現在でもとてもモダンなデザイン。逆に最近建てられたモダン建築よりも、その存在感は際立っているとも思えます。伊勢佐木町という古くからのモダンストリートのイメージそのもの....、と言った感じの洒落た建物、忘れてはいけない横浜の名建築のひとつと言えるでしょう。

a0110756_22534452.jpg
a0110756_22545396.jpg
a0110756_22594335.jpg
a0110756_2305316.jpg
a0110756_2325744.jpg
a0110756_2332312.jpg
a0110756_236178.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-02-14 00:14 | ■横浜・関内 | Comments(0)