<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

北九州市門司区の新海運ビル

a0110756_941997.jpg
◆新海運ビル
  ◎設計:門司市土木課
  ◎施工:木下組
  ◎竣工:昭和5(1930)年ころ
  ◎構造:鉄筋コンクリート造3階建て
  ◎所在地:福岡県北九州市門司区西海岸1-4-16


この新海岸ビルは、門司港駅から旧大連航路上屋(昭和4年築)方面へ進んだ国道199号沿いに建つビルです。
今ではお洒落な雑貨店が多く入居し、ガイドブックなどでも紹介されるこのビルですが、昭和5年ごろに門司市土木課の設計により建てられたものです。旧大連航路上屋の時にも解説しましたが、昭和初期の門司港では従来の港が手狭になったため、西海岸に新たな埠頭を築港しました。その頃に建てられたのがこのビルだった訳ですが、竣工時はビルの背後は海でした。当時は海運関係の事務所が多く入居していたと想像されます。
現在では外壁が改修されたり、背後に黄色いペンキが塗られていたりして、竣工時の雰囲気は偲べませんが、建物背後のアーチ窓はこの建物が歴史ある建造物であることを気づかせてくれます。また階段室の装飾などは、アールデコ調になっており設計者のセンスを窺える箇所であります・・・・・。

a0110756_9421477.jpg
a0110756_9423393.jpg
a0110756_1013825.jpg
a0110756_1152849.jpg
a0110756_10141627.jpg
a0110756_10144618.jpg
a0110756_10163783.jpg
a0110756_10173093.jpg
a0110756_10181263.jpg
a0110756_1020230.jpg
a0110756_10202752.jpg
ちなみに駐車場になっている場所は以前は海だった。
a0110756_1021340.jpg
a0110756_10234818.jpg
a0110756_1026188.jpg
a0110756_10263344.jpg
a0110756_1027178.jpg
a0110756_10273847.jpg
a0110756_10291192.jpg
a0110756_10293968.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2015-08-29 10:29 | ■北九州・門司 | Comments(0)

北九州市門司区の料亭三宜楼

a0110756_6204495.jpg
◆料亭三宜楼
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和6(1931)年
  ◎構造:木造3階建て
  ◎所在地:福岡県北九州市門司区清滝3-6-8


先週末をもって、別ブログでは北九州下関の建築探訪記を終了しましたが、こちらではそちらで紹介しきれなかった素敵な建造物を、引き続き取り上げてい行きたいと思います。
まずこちらの和風建築は、門司港レトロ建築の高台にあたる清滝に建つ、かつて料亭だった建物です。貿易港として繁栄を極めた門司港でしたが、高台にあたる清滝界隈には、商売がらみの料亭が多くあったそうですが、この三宜楼(さんきろう)は、それらの数少ない生き残りとも言える作品です。

昭和6年に建てられたという三宜楼、当時の九州にあった料亭の中でも大規模なものだったそうです。しかし関門鉄道トンネルの開通後は、少しずつ門司港の町も衰退していったようで、昭和30年代には店は閉鎖。また今から十年前には建物と土地が売りに出され、建物存続の危機に瀕したといいます。しかし地元有志の方々の活動により、多くの募金と署名が集まり、建物の保存・再活用が決定。そして修繕工事がおこなわれ、平成26(2014)年より一般公開が始まりました。
この時は残念ながら、時間切れで内部を見学できませんでしたが、 豪華絢爛な空間が広がっているとの事。次回、門司港へ訪れるときには是非こちらを見学したいなと思ってしまった、風格ある和風建築でした。

a0110756_6594480.jpg
a0110756_659581.jpg
a0110756_703724.jpg
a0110756_723488.jpg
a0110756_72526.jpg
a0110756_731062.jpg
a0110756_742111.jpg
a0110756_744483.jpg
a0110756_75225.jpg
a0110756_751688.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2015-08-28 23:28 | ■北九州・門司 | Comments(0)

旧宮崎商会(現吉田メディカルクリニック)

a0110756_10294990.jpg
◆旧宮崎商会
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治40(1907)年ころ
  ◎構造:煉瓦造2階建て
  ◎所在地:山口県下関市田中町4-10
   ❖国登録有形文化財


門司からの海の玄関口とも言える唐戸地区から徒歩数分、田中町の旧下関電信局電話分室(大正13年築、現下関市立近代先人顕彰館・田中絹代ぶんか館)の隣に建つのが、赤レンガの洋館。現在は医院として使われていますが、私が下関へ訪れた十数年前はロダン美容院という美容室として使われていました。また竣工時は宮崎商会という、石炭の輸出業者の事務所として使われていたそうです。
またこちらの赤煉瓦の洋館、 旧イギリス領事館(明治39年築、設計:コーワン)や、 南部町郵便局(明治33年築、設計:三橋四郎)と比較しても、遜色のない本格的な洋風建築に仕上がっているのも見逃せない点でしょう。どのような人物が設計・施工に携わったか気になる作品です。

a0110756_1037696.jpg
a0110756_10374345.jpg
a0110756_10382974.jpg
a0110756_1039176.jpg
a0110756_1039241.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2015-08-01 11:08 | ■山口・下関 | Comments(0)