<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

北九州市・旧九州鉄道本社

a0110756_18105620.jpg
◆旧九州鉄道本社
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治24(1891)年
  ◎構造:煉瓦造2階建て
  ◎所在地:福岡県北九州市門司区清滝2-3-29
   ❖経済産業省認定近代化産業遺産
   ❖国登録有形文化財



今回の関門・北九州州旅行は、行きと帰りの飛行機がちょっと遅めと早めの時間になってしまったため、残念ながら訪問できない場所も幾つか発生してしまいました。その中の一つが門司港駅脇の高台に建つ九州鉄道記念館です。ここには国鉄時代に寝台特急と昼間の通常特急を兼ねた異色の特急車両581系電車をはじめ、様々な客車・機関車などが展示されており、鉄道少年だった頃の心が騒ぎましたが、タイムアップも近づいてしまい泣く泣く訪問を断念した次第です。
そして現在記念館として使われているこの建物、明治24年に九州鉄道の本社屋として建てられたもの。その後、九州鉄道は鉄道国有化の政策により国に買収されますが、その後も国鉄の施設として使われ続けました。外観は平坦なデザインですが、明治という時代の力強さを感じさせる建物であります。
a0110756_1852738.jpg
a0110756_18523576.jpg
a0110756_18525776.jpg
a0110756_18531552.jpg
a0110756_18533792.jpg
a0110756_18544286.jpg
a0110756_18551387.jpg
a0110756_18555024.jpg
a0110756_18571861.jpg
a0110756_1857161.jpg

a0110756_18162154.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2015-07-12 19:12 | ■北九州・門司

北九州市・旧門司税関

a0110756_10372499.jpg
◆旧門司税関
  ◎設計:妻木頼黄、咲壽栄一(大蔵省臨時建築部)
  ◎施工:清水組
  ◎竣工:明治45(1912)年3月
  ◎構造:煉瓦造2階建て
  ◎所在地:福岡県北九州市門司区東港町1-24
   ❖経済産業省認定近代化産業遺産


本日は福岡県北九州市の門司港レトロ内にある、 北九州市立国際友好図書館(平成7年築)を取り上げましたが、道路を挟んでその向かいに建つのが旧門司税関です。貿易港・門司ならではの遺構で、美しい赤煉瓦建築であります。
さて冒頭の写真でご覧頂いた門司港の税関は、明治45年の竣工。但しこの赤煉瓦建築、税関の庁舎として使われた期間は短く、昭和2年に税関が大陸連絡船の埠頭がある西海岸へ移転、その後は民間へ払い下げられたそうです。更に昭和20年6月の門司空襲で、内部が焼失・損傷し、その後は民間の倉庫として使われていたそうです。そして平成3年の門司港レトロの町並み整備計画発足間もなくに、北九州市がこの建物を取得。そして4年がかりの修繕期間を経て、平成7年に修繕工事が完了。また時を合わせて、中国大連の旧東清鉄道汽船事務所(明治35年築)を複製した北九州市立国際友好図書館の新築工事、門司の谷町から移築された旧門司三井倶楽部(大正10年築)の工事も完了し、門司港レトロのグランドオープンに花を添えたそうです。
税関庁舎にしてはあっさりとしたデザインですが、今から20年前の復原に携わった人たちの情熱が伝わってくるような、美しい赤煉瓦建築でした・・・・・。

a0110756_10485224.jpg
a0110756_10534155.jpg
a0110756_10542583.jpg
a0110756_10501356.jpg
a0110756_10512590.jpg

a0110756_10545029.jpg
a0110756_10551765.jpg
a0110756_10565737.jpg
a0110756_1103893.jpg
a0110756_111113.jpg
a0110756_1121815.jpg
a0110756_111544.jpg
a0110756_1134299.jpg
a0110756_21405429.jpg
a0110756_1145580.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2015-07-04 12:04 | ■北九州・門司