<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東京日本橋の三越本店

a0110756_1534176.jpg
◆三越本店
  ◎設計:横河民輔(横河工務所)
  ◎施工:直営
  ◎竣工:昭和2(1927)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造り
  ◎所在地:東京都中央区日本橋室町1
   ❖東京都選定歴史的建造物


戦前築の歴史的建造物が数多く残る東京の日本橋ですが、その中で代表的な建物と言えるのがこの三越本店でしょう。
皆さんもご存じのように三越は明治37年に西欧式のデパートメントスタイルを採用、大正3年には建築家・横河民輔(横河工務所)設計による鉄骨5階建ての新店舗を完成させています。しかし大正12年の関東大震災で以前の店舗が焼けたため、横河の設計により再建されたのが現在の店舗です。またタクシー乗り場などがある日本橋側の棟は昭和10年代の増築とのことですが、一体感あるデザインが施され違和感ない仕上がりになっています。
三越の建物外部のデザインは、大正期に竣工した先代の店舗のルネサンス調を継承したものですが、建物内の中央吹き抜けや細部のデザインは、この当時全盛を極めていたアールデコが用いられているのが特徴としてあげられます。買い物ついでにアールデコの装飾探しをしてみるのも、面白いかも知れません。豪華でありながら、大衆的で親しみやすいのがこのデパートの最大の魅力と言えるのではないでしょうか・・・・・・。

a0110756_1540204.jpg

a0110756_15421021.jpg
a0110756_1546017.jpg
a0110756_15552791.jpg
a0110756_1551556.jpg
a0110756_1553923.jpg
a0110756_15574125.jpg

a0110756_1559566.jpg
a0110756_160986.jpg
a0110756_1645846.jpg
a0110756_166239.jpg
a0110756_1683747.jpg
こちらは地下鉄三越前の装飾。
a0110756_1694363.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-11-11 11:11 | ■東京・23区 | Comments(2)

明治学院礼拝堂(チャペル)

a0110756_18572665.jpg
◆明治学院礼拝堂(チャペル)
  ◎設計:ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
  ◎施工:田林寅之助
  ◎竣工:大正5(1916)年
  ◎構造:煉瓦造り、一部木造
  ◎所在地:東京都港区白金台1-2-37
   ❖東京都選定歴史的建造物


前回紹介させていただいたインブリー館、また記念館と並び明治学院の顔と言えるのが、こちらのチャペルでしょう。
他の2軒は明治20年代の竣工ですが、こちらの建物は、それより20数年後の大正5年にヴォーリズ事務所の設計により竣工したものです。なおヴォーリズの東京における初期作品とも知られています。東京を代表する宗教建築の一つとも言える作品です。
a0110756_18592478.jpg
a0110756_185951100.jpg
a0110756_1903913.jpg
a0110756_191364.jpg
a0110756_192085.jpg
a0110756_1955175.jpg
a0110756_19453100.jpg
a0110756_1937187.jpg
a0110756_1963847.jpg
a0110756_1972734.jpg
a0110756_19101287.jpg
a0110756_19124993.jpg
a0110756_19112439.jpg
a0110756_19132769.jpg
a0110756_19133851.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-11-08 20:08 | ■東京・23区 | Comments(0)

明治学院インブリー館

a0110756_10423453.jpg
◆明治学院宣教師館(インブリー館)
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治22(1889)年ころ
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:東京都港区白金台1-2-38
   ❖国指定重要文化財


先週、明治学院の学園祭で校内にあるインブリー館、記念館、チャペルの内部公開されるとのことで、久々に明治学院へ出かけて参りました。
このインブリー館は明治22年ころに宣教師の住居として建てられたもので、ここの館のかっての主・インブリーの名にちなみに現在の名称が付けられたとのことです。恐らく下見板張りの木造洋館としては、東京最古のものと思われます。また内部を見学して驚いたのは、明治20年代に建てられた建物にしては洋風の純度が高いということです。例えば地方に現存する宣教師館などは、建設にあたった棟梁の味が和風の意匠として見られるパターンが多いのですが、このインブリー館はまさに絵に描いた洋館という感じでした。恐らく建設にあたっては外国人建築家が徹底的に施工指導をおこなったのでしょうか、いろいろと想像が膨らむ建物であります。
またこの建物、昭和40年代の新校舎建設にあたり解体も検討されたと時期もあったといいますが、現在地に移築され学校のシンボルとして多く人に親しまれています。
a0110756_10395134.jpg
a0110756_10441629.jpg
a0110756_10453798.jpg
a0110756_10471113.jpg
a0110756_10483445.jpg
a0110756_1050484.jpg
a0110756_10514116.jpg
a0110756_1054318.jpg
2階ベランダより。ガラス越しに見えるのはヴォーリズ事務所設計のチャペル(大正5年築)。
a0110756_10565526.jpg
a0110756_10581674.jpg
a0110756_111232.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-11-07 11:35 | ■東京・23区 | Comments(0)