<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

横浜三渓園・聴秋閣

a0110756_23415465.jpg
◆三渓園の聴秋閣
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:江戸時代初頭(1600年代?)
  ◎構造:木造
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1・三渓園内
   ❖国指定重要文化財


先に三渓園の臨春閣を紹介しましたが、個人的に三渓園にある建物のなかでお気に入りなのが、この聴秋閣。この時の横浜の建物探索時は、三渓園は探訪コースに入れていなかったのですが、途中で聴秋閣が特別公開されていることをチラシで知り、急遽立ち寄った訳です。
この建物は、徳川三代将軍家光が佐久間将監に命じて建てさせたという御茶屋だとのこと。茶室に続いてある一階次の間の造形や小川のせせらぎを建物横に通すなど、地形と共存した造りも面白いですし、どの角度から見ても様々な表情を見せる外観の意匠もユニークだと思います。
和風建築には疎い私ですが、三渓園というとこの聴秋閣を思い出してしまいます。秋の名が名づけられていますが、どの季節にでも絵になる名建築です。

a0110756_23322493.jpg
a0110756_23312712.jpg
a0110756_23342526.jpg
a0110756_23351511.jpg
a0110756_2336441.jpg
a0110756_23362858.jpg
a0110756_23364999.jpg
a0110756_23375972.jpg
a0110756_23382544.jpg
a0110756_23425924.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-06-19 00:06 | ■横浜・本牧根岸

横浜三渓園・臨春閣

a0110756_22333787.jpg
◆三渓園の臨春閣
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:慶安2(1649)年
  ◎構造:木造
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1・三渓園内
   ❖国指定重要文化財


以前の記事で横浜・本牧に残る近代建築を紹介してきましたが、やはり三渓園は素通りすることはできません。
この三渓園は、生糸貿易で財を成した実業家・原三渓が、自邸の庭園を公開したことが始まりというのはよく知られていますが、江戸から明治への時代の変遷に伴い不用になりつつあった建物を引き取ったという事においても、近代文化財保護の魁とも言うべき存在ではないかと思います。
そして三渓園の顔とも言うべき存在が、この臨春閣でしょう。もとは紀州徳川家の別荘にあったものを大正6(1917)年に移築したというもの。冒頭の写真では全てが納まっていませんが、第一屋から三屋までの3層になっている建物です。また正面玄関へと続く参道をはじめ、室内の襖絵など和風建築ならではの優雅さを漂わせています。
今回はプログタイトルから外れてしましたが、横浜が誇る名建築を紹介させていただきました。

a0110756_2234472.jpg
a0110756_22352394.jpg
a0110756_22361121.jpg
a0110756_22373100.jpg
a0110756_22373481.jpg
a0110756_22395034.jpg
a0110756_22384990.jpg
a0110756_22501846.jpg
a0110756_2241258.jpg
a0110756_22415821.jpg
a0110756_22431274.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-06-18 23:18 | ■横浜・本牧根岸

横浜根岸なつかし公園・旧柳下邸

a0110756_2252482.jpg
◆根岸なつかし公園・旧柳下邸
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正5(1916)年~大正8(1919)年ころ
  ◎構造:木造平屋、洋館は2階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市磯子区下町10-6(根岸なつかし公園内)


ここ暫らく横浜ゆかりの建築家の設計作品を取り上げてきましたが、本日は番外編として横浜根岸にある旧柳下邸を紹介したいと思います。以前に本牧・根岸の建造物をご覧いただきましたが、その際に少し寄り道をして撮影したものです。
この邸宅は銅鉄の取引で財を成した柳下家の邸宅として、大正初期に建てられたとのこと。以前は木々のあいだから洋館の2階部分がかろうじて見える幻の邸宅でしたが、横浜市がこの邸宅を取得し6年前から一般公開されるようになりました。
また旧柳下邸は、旧本牧・根岸の海岸線から丘陵地に変わる断崖の手前という、とても素晴らしい立地に建っています。なお現在海岸線には石油コンビナートが立ち並び景観は変わってしまいましたが、かっては海を一望できる絶好の場所だったと思われます。当時の家主さんは、かなり土地選びに拘ったのではないでしょうか・・・・・。

また横浜の邸宅というと、どうしても山手の外人住宅を連想してしまいますが、こちらは外観・内装とも純和風の作り。設計者・施工者についての詳細は判明していないようですが、恐らく地元に出入りしていた腕の立つ棟梁が建てたのではないかと考えられます。観光コースの山手などからは少し離れた場所にありますが、JRの根岸駅から歩いて10分程度の場所にありますので、是非とも一度は訪れていただきたい美しい邸宅です。

a0110756_22534913.jpg
a0110756_22544758.jpg
a0110756_2256560.jpg
a0110756_22572133.jpg
a0110756_22581449.jpg
                              こちらは浴室。脱衣場がとてつもなく広い。
a0110756_231446.jpg
a0110756_2321248.jpg
a0110756_2331216.jpg
a0110756_234245.jpg
                                玄関。但し見学者の入口は先ほどの浴室隣から。
a0110756_2363727.jpg
                               洋館部分の階段。この邸宅が竣工した頃は2階から根岸の海岸線が一望できたに違いない。
a0110756_23113937.jpg
                              洋館1階。山手の洋館とは違う日本人らしさが感じられるのが、この洋館の特徴。
a0110756_23142831.jpg
a0110756_2315384.jpg
                               便所。こちらも豪華な作りです・・・・・。
a0110756_23172891.jpg
                              蔵に設置されている金庫。
a0110756_23191279.jpg
a0110756_2320345.jpg
a0110756_23214449.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-06-14 00:12 | ■横浜・本牧根岸

横浜本牧の旧バーナード邸

a0110756_0355737.jpg
◆横浜本牧・旧バーナード邸
  ◎設計:ジャン・J・スワガー
  ◎施工:関工務店
  ◎竣工:昭和12(1937)年
  ◎構造:木造2階建て、一部鉄筋コンクリート
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区本牧元町


先日の横浜・山手カトリック教会に続き、チェコ人建築家:J・J・スワガーの設計作品を紹介させていただきます。
詳しい場所まではお教えできませんが、横浜本牧の某所にあるのがスワガー設計によるこの洋館です。現在の所有者については分かりませんが、昭和12(1937)年にイギリス人貿易商:E・V・バーナードの邸宅として建てられたものだそうです。横浜の外国人居留地域というと山手の印象が強いですが、時代を追うにつれ本牧方面に居を構える事例も多く見られたとのことですが、そのような事例としてもこのバーナード邸は貴重なものといえるでしょう。
またこの白亜の洋館で印象的なのが、建物中央の丸みを帯びた箇所。実をいうとこの内部が螺旋状の階段室になっているとのこと。内部写真は殆ど公開されていませんが、室内の豪華さが伺えます。現在は本牧の海岸線は埋め立てられ、かっての佇まいは偲べませんが、この邸宅の家主・バーナードも自然あふれる本牧の四季を堪能していたのではないかと、想像してしまう美しい洋館でした。

★参考・・・・・「都市の記憶 横浜の近代建築・Ⅱ」 横浜市歴史的資産調査会、平成8年

a0110756_0371738.jpg
a0110756_0375394.jpg
a0110756_0384395.jpg
a0110756_0394236.jpg
a0110756_0403067.jpg
a0110756_0413458.jpg
a0110756_0431683.jpg
a0110756_0422514.jpg
a0110756_0441841.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-06-06 01:09 | ■横浜・本牧根岸

横浜・カトリック山手教会聖堂 sanpo

a0110756_2322463.jpg
◆カトリック山手教会聖堂
  ◎設計:J・J・スワガー (Jan J Svager)
  ◎施工:関工務店
  ◎竣工:昭和8(1933)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造り1階、地下1階
  ◎所在地:神奈川県横浜市山手町44
   ❖横浜市認定歴史的建造物


前2回は横浜で数多くの設計作品を残したアントニン・レーモンドの作品を紹介しましたが、今回と次回は大正末から昭和初めにかけてレーモンドのもとで活動していた、建築家・ジャン・J・スワガーの横浜に残る設計作品を紹介したいと思います。
スワガーはレーモンドと同じチェコ出身の人物で、大正末にレーモンドの招きにより来日。またその数年後に独立、横浜に事務所を置き昭和15年まで日本で活動していたとの事です。その期間に手掛けた作品についての詳しいことまでは分かりませんが、北海道函館市近郊の上磯にあるトラピスト修道院の改修、また10年程前まで山下町にあったヘルム・ハウス(昭和13年築)などが、スワガーの作品とのこと。そして現存する代表作がこのカトリック山手教会ということになる訳です。
また個人的に興味深いのは、山下町にあったヘルム・ハウスとこの教会の作風の違いについてです。ヘルム・ハウスは外国人向けのアパートとして建てられた1930年代らしいモダニズムな建物、そしてカトリック教会はそれとは正反対のゴシックを基調とした伝統的スタイル。当時、横浜で活動していた建築家が様々なスタイルの設計を要求され、それを難なくこなしていったという事になるのでしょう。また次回は、山手から数キロほど離れた横浜・本牧に残るスワガー設計の洋館を紹介したいと思います。

★参考文献・・・・「日本の美術」2003年8月号・外国人建築家の系譜、堀勇良氏著
a0110756_23151498.jpg
a0110756_23181089.jpg
a0110756_23195596.jpg
a0110756_23201595.jpg
a0110756_2323353.jpg
a0110756_23244588.jpg
a0110756_23235314.jpg
a0110756_2325587.jpg
a0110756_23254913.jpg
a0110756_232614.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-06-02 00:02 | ■横浜・山手