カテゴリ:■東京・多摩地域( 9 )

東京東久留米市の村野家住宅(顧想園)

a0110756_70631.jpg
◆村野家住宅(顧想園)
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:天保9(1837)年・・・・・母屋、明治後期(1900年ころ)・・・・・離れ
  ◎増築:安政4(1857)年
  ◎改修:大正15(1926)年、昭和25(1950)年、昭和40(1965)年
  ◎構造:木造平屋
  ◎所在地:東京都東久留米市柳窪4-283
    ❖国登録有形文化財


昨年の秋、久しぶりに生まれ故郷の東京多摩北部を訪ねました。玉川上水の分流の一つ、野火止用水(伊豆殿堀)や黒目川が流れるこの一帯、古き良き武蔵野の風情があちらこちらに残る長閑な場所であります。その中でも武蔵野らしさが残る一帯は、東久留米市の柳窪でしょう。黒目川の源流そばにある柳窪天神社をはじめ、この一帯は緑豊かな深い森が広がっています。その森の真ん中にあるのが、今回取り上げる村野家住宅です。この村野家は地元を代表する豪農の家だったそうで、このような立派な屋敷が今も残っています。
この時は一般公開がおこなわれることを知り、久々にこの地を訪れましたが、予想以上に美しい屋敷と庭は感動の一言でした。この村野家は黒目川のほとりに居を構えいますが、湧水の量が一定しない武蔵野台地の中央でこのような豪農が川沿いに居を構えているのはとても珍しいことだと思います。恐らく一年を通じて湧き出す黒目川の水が、この家の繁栄を支えたのでしょう。幾つもの世紀を生き抜いてきたケヤキの大木に茅葺の屋敷、なかなか絵になる構図でした。是非とも後世に残して欲しい武蔵野の宝であります。

a0110756_71233.jpg
a0110756_73248.jpg
立派な表門。子供のころからこの存在感は印象に残るものでした・・・・。
a0110756_782231.jpg
a0110756_784246.jpg
a0110756_791418.jpg
a0110756_793417.jpg
a0110756_710294.jpg
a0110756_712048.jpg
▼PCでご覧の方は、下のMoreをクリックして頂くと続きの写真をご覧になれます。

More
[PR]
by tokyo-farwest-net | 2016-01-01 08:01 | ■東京・多摩地域 | Comments(0)

JR青梅線・奥多摩駅舎

a0110756_15261869.jpg
◆JR奥多摩駅(旧日本国有鉄道氷川駅)
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和19(1944)年7月
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:東京都西多摩郡奥多摩町氷川20


昨年の夏に日帰りで奥多摩を訪ねましたが、その時に撮影したのが青梅線の終点・奥多摩駅です。
この奥多摩駅、東京都内でいちばん海抜の高い場所に建ち、そして東京最西端の駅としても知られていますが、その外観は海抜1000~2000メートルの高山が連なる奥多摩の玄関口の駅らしく、山小屋風のデザイン。何とも絵になる駅舎であります。
ちなみにJRの青梅線の御嶽~奥多摩(氷川)間は、戦前奥多摩電気鉄道の路線として建設中でしたが、昭和19年に国が買収し、それから間もなくにこの路線は開通しています。またこの当時は観光路線というより、着工が始まったばかりの奥多摩湖(小河内ダム)の資材運搬という目的が主でありました(戦中・戦後間もなくは工事休止)。
この奥多摩駅の駅舎、戦局が激しくなった時期に竣工した訳ですが、同時期の建造物と比べるともの凄く立派な出来になっているのは興味深いところです。奥多摩湖建設とは別に、戦争時の施設移転などこの駅界隈に計画されていたのではないかと推測してしまった私であります・・・・。
a0110756_15314887.jpg
a0110756_15335452.jpg
a0110756_15342838.jpg
a0110756_15384917.jpg
a0110756_15392618.jpg
a0110756_15394163.jpg
a0110756_1540085.jpg
a0110756_15401355.jpg
a0110756_15413965.jpg
a0110756_15422998.jpg
a0110756_1543191.jpg
a0110756_15445146.jpg
a0110756_15445632.jpg
a0110756_1545918.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2014-01-09 23:09 | ■東京・多摩地域 | Comments(0)

江戸東京たてもの園・旧三井八郎右衛門邸

a0110756_10513462.jpg
◆旧三井八郎右衛門邸
   ◎設計:不詳
   ◎施工:不詳
   ◎竣工:昭和27(1952)年
   ◎構造:木造2階建て
   ◎所在地:東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
   ◎旧所在地:東京都港区西麻布三丁目


このところ本ブログの方では、江戸東京たてもの園に移築された旧北尾次郎邸(江戸東京たてもの園ではデ・ラランデ邸という名称)ばかり紹介しています。たてもの園へは月に1~2度kペースで訪れていますが、時間に余裕があるなら、その都度他の建造物を見学していたりもします。そういう事で以前の訪問時撮影したのが、旧北尾次郎邸(デ・ラランデ邸)の向かいに建つこの和風邸宅です。三井財閥の11代当主・三井八郎右衛門邸の屋敷として、昭和27年に建てられたものです。
三井家の東京邸は戦災で焼失、三井家と縁の深い土地である麻布の笄町(現在の港区西麻布)に建てられたのがこの邸宅ですが、三井家の歴史と伝統を重んじたような重厚な作りになっています。但し昭和の作という事もあり、もの凄くモダンなキッチンルームや和室の全体的な構成などに洋風文化を十二分に吸収し、和風建築に適応した形跡が色濃く見れるのが、この屋敷最大の見どころと言えるでしょう。財閥解体後の作という事もあり、かなり質素な感じもしますが、三井家で長年培われてきた美的センスの良さが伺える素晴らしい作品だと私は考えます。

a0110756_1115820.jpg
a0110756_1126332.jpg
a0110756_1126955.jpg
a0110756_11262715.jpg
a0110756_1127389.jpg
a0110756_11272522.jpg
a0110756_11295029.jpg
a0110756_11285178.jpg
a0110756_11303331.jpg
a0110756_11293189.jpg
a0110756_1131825.jpg
▼引き続きの写真は下のMoreをクリックしていただくと、ご覧になれます。

More
[PR]
by tokyo-farwest-net | 2013-06-01 12:01 | ■東京・多摩地域 | Comments(0)

江戸東京たてもの園・ビジターセンター(旧光華殿)

a0110756_183048100.jpg
◆江戸東京たてもの園・ビジターセンター、旧光華殿
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和15(1940)年
  ◎構造:木造平屋、一部鉄骨補強
  ◎所在地:東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)


このところ別ブログでは、本日(4月20日)江戸東京たてもの園に移築オープンしたデ・ラランデ邸(正確には旧北尾次郎邸、明治25年築)ばかり取り上げていますが、そのビジターセンターとして使われているのが、この和風の建物です。
江戸東京たてもの園や小金井公園に訪れた方なら必ず目にするビジターセンターですが、この建物は昭和15年に紀元二千六百年記念式典のための仮設式殿として皇居内に建てられたものだと言います。またその翌年に小金井公園に移築されたとの事です。そのような用途もあってか建物のデザインは、とても立派な和風様式。戦時下に向かいつつある時代背景を象徴するような、出来栄えになっています。
また戦後は小金井公園の一般公開がおこなわれ、昭和29年から武蔵野郷土館がオープン。それに際し、この建物は郷土館の資料室として長らく使われていました。江戸東京たてもの園の開園に伴い大改修が行われましたが、私の子供の頃は館内には土器などの考古学の展示がされ、朽ちかけた凄くおどろおどろしい建物だった事を記憶しております。
その使用用途は変わっても、現在地に移築されて約75年、小金井公園の顔とも言える建物だと私は考えます。忘れられがちな作品ではありますが、同園を訪れた際にはこの歴史的建造物にも是非注目していただきたいものです・・・・。

a0110756_18361772.jpg
a0110756_18583512.jpg
a0110756_18585767.jpg
a0110756_18591693.jpg
a0110756_1859338.jpg
a0110756_18595463.jpg
a0110756_1901177.jpg
a0110756_1924368.jpg
a0110756_1903045.jpg
a0110756_191264.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2013-04-20 19:20 | ■東京・多摩地域 | Comments(0)

江戸東京たてもの園・旧万徳旅館

a0110756_18155758.jpg
◆旧万徳旅館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:江戸期末~明治初期(1850~1860年代)
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:東京都小金井市桜町3-7-1・小金井公園内
  ◎旧所在地:東京都青梅市西分町


先月別ブログにおいて、江戸東京たてもの園に移築されている常盤台写真場建築家・前川國男の自邸を紹介させていただきましたが、その時に撮影したのがこの万徳旅館です。江戸東京たてもの園の移築復原事業は暫くの間ストップしていましたが、近年になり三軒の歴史的建造物の復原が決定しまして、完成したのがこの万徳旅館という訳です。
移築前は東京都青梅市の青梅街道沿いに建っていたものだといいます。見た目は地味な感じもしますが、東京(江戸)と山梨(甲州)を結ぶ主要道であった青梅街道に建ち、長年行商人や御岳山詣での人々の宿となってきた貴重な建造物です。室内は一階天井の太い梁が、この建物の重厚さと歴史を物語ります。また室内の立ち入りは出来ませんが、2階の大部屋の客室など旅籠と言った感じの作りになっています。新しい移築建造物という割には注目度が低いのが残念ですが、昔日の生活を偲ぶことのできる意義ある移築物件だと私は思いました。
なおこのような昔旅籠だった建物を実際に味わいたいという方には、埼玉県秩父に現存する秩父館(ほっとすぽっと秩父館)へ訪問して頂くことをお勧めします。

a0110756_18225364.jpg
a0110756_18224216.jpg
a0110756_18233418.jpg
a0110756_18253619.jpg
a0110756_1826109.jpg
a0110756_18262339.jpg
a0110756_1827462.jpg
a0110756_18272192.jpg
a0110756_18273261.jpg
a0110756_18502684.jpg
a0110756_18274873.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2012-12-15 19:15 | ■東京・多摩地域 | Comments(0)

東京小平市のガスミュージアム

a0110756_5343274.jpg
◆東京ガスミュージアム
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治42(1909)年・・・・・(ガス灯館、旧東京瓦斯本郷出張所)
        明治45(1912)年・・・・・(くらし館、旧東京瓦斯千住工場計量室)
  ◎構造:煉瓦造
  ◎所在地:東京都小平市大沼町2-590


前回は東京都小平市の歴史的建造物・旧小平小川郵便局(明治41年築)を紹介しましたが、同じく小平にあるのが東京ガスが運営するガスミュージアムの二棟の煉瓦造の建物です。もとは東京ガスの出張所と工場施設として使われていたものですが、昭和50年代初頭の同ミュージアムの開館に際し現在地に移築されました。
また煉瓦造の建物の移築ということもあり、新しい部材にかなり変更されている箇所もありますが、文明開化以降のガスの歴史を展示するミュージアムとこの煉瓦造の建物は見事にマッチしています。また日が暮れると敷地内のガス灯に火がともされ、とても幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。周辺環境は昭和40年代に造成された幹線道路が脇を走り少し落ち着かない場所ですが、ガスの歴史を体感するにはとても素晴らしい施設ではないでしょうか。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★ガス灯館(旧東京瓦斯本郷出張所、明治42年築)
a0110756_5432045.jpg
a0110756_5435685.jpg
a0110756_5442887.jpg
a0110756_547690.jpg
a0110756_549454.jpg
a0110756_5493354.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★くらし館(旧東京瓦斯千住工場計量室、明治45年築)
a0110756_5524525.jpg
a0110756_5545094.jpg
a0110756_5564195.jpg
a0110756_5572452.jpg
a0110756_5574799.jpg
a0110756_5581782.jpg
a0110756_558456.jpg
a0110756_559859.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2011-01-21 06:21 | ■東京・多摩地域 | Comments(0)

東京小平市の旧小川郵便局舎

a0110756_10372725.jpg
◆旧小平小川郵便局舎
  ◎設計:植竹寅吉
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治41(1908)年11月
  ◎構造:木造平屋
  ◎所在地:東京都小平市天神町2-57 
   ❖小平市指定有形文化財


今回取り上げる旧小平小川郵便局舎は、東京都の北部にある小平市の〔小平ふるさと村〕に建つ移築建造物です。明治41年に同市の小川町に建てられたこの郵便局は、平成2年に同地に移築復元されています。
民家風のこの旧郵便局は一般の郵便業務のほか、大正末より昭和初期までは電話交換業務もおこなわれていたとのことです。それと個人的には、昭和50年代の後半まで現役の郵便局舎として使われていたという事を知り、ちょっと驚きました。なおこの郵便局舎の旧所在地である小平市小川町は青梅街道と府中街道という江戸期からの旧道が交差する土地で、江戸期から続く農家のお宅も何軒か残る、昔の武蔵野の風情を色濃く残す地域でもあります。そのような場所ということもあり、戦後高度成長期の土地開発ブームなどの影響を受けず、素朴な郵便局舎が使われ続けてきたのではないかと想像できます。
東京郊外と言うと、画一的な宅地が続く退屈な地域にも思えますが、このような素敵な歴史的建造物も大切に使われ続けています。また〔小平ふるさと村〕にはこの他にも何軒かの古民家が移築され、昔の武蔵野の風情を体感できる場所になっています。公共交通機関のアクセスが少し悪いですが、機会があればぜひ一度訪れていただきたいお勧めスポットであります。

a0110756_10403066.jpg
a0110756_10414362.jpg
a0110756_1043618.jpg
a0110756_1044958.jpg
a0110756_10444923.jpg
a0110756_10452199.jpg
a0110756_10465563.jpg
a0110756_105094.jpg
a0110756_10483415.jpg
a0110756_10513231.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2011-01-20 20:20 | ■東京・多摩地域 | Comments(0)

東京村山貯水池(多摩湖)

a0110756_16521239.jpg
◆村山貯水池(多摩湖)
  ◎設計:中島鋭冶
  ◎施工:分業請負
  ◎竣工:大正13(1924)年・・・・上湖
       昭和2(1927)年・・・・・下湖
  ◎構造:心壁式アースダム
  ◎所在地:東京都東村山市多摩湖町~東京都東大和市多摩湖


このところ東京都心の建築紹介ばかりしていたので、たまには我が地元の建造物を紹介しようと思います。
と言っても今回取り上げるのは村山貯水池という水利施設、地元の人には多摩湖という名称で親しまれています。この村山貯水池は東京の水源確保のために大正期より、工学士の中島鋭冶の監督により狭山丘陵に建設された貯水池で、大正13年に上流にあたる上湖、昭和2年には冒頭の写真でご覧頂いた下湖が竣工しています。なおこの二つの貯水池に分けられるようになったのは、丘陵地の高低差を調整するためだとのことです。また戦後に竣工した大規模ダムに比べれば貯水量は少ないですが、東京に完成した初の本格的貯水施設でした。

この多摩湖、大正末から昭和初期に完成した施設とうこともあり、冒頭の写真にも写っている取水塔をはじめ、その当時らしいデザインが施された箇所が幾つか残っているのもこの貯水池の見どころの一つと言えるでしょう。また数年前より村山貯水池は大規模な改修工事を実施、堤防周辺を中心にかなり様変わりしました。また長年親しまれていた玉石の敷かれた改修前の堤防は、戦時中に米軍からの飛行機空襲を恐れた当局が補強したもので、更に飛行機から発見されないために、堤防にはコールタールで黒く塗装し、貯水池部分には丸太や草を敷き詰めていたと言います。
そのような苦難の時代を持ちこたえた村山貯水池、現在では東京都民のオアシスになっています。また下湖からは西武ライオンズの本拠地である西武ドームのほか、眺めがよければ秩父・奥多摩・丹沢・富士山などが一望できるビュースポットでもあります。機会があればぜひ一度訪れいただきたい、東京の歴史的土木遺産の一つです。

a0110756_16503924.jpg
a0110756_17401451.jpg

a0110756_17411549.jpg
a0110756_17422214.jpg
取水塔の入り口には東京都(東京府)のマークも刻まれている。
a0110756_17445674.jpg
a0110756_1746795.jpg
 改修工事がおこなわれた堤防部分。
a0110756_17494438.jpg
堤防南側にある親柱。上が黒くなっているのは、戦時中米軍の攻撃を恐れた当局が、上空から発見されないためにコールタールを塗った名残。
a0110756_17584288.jpg
堤防南側にある橋脚もこの時代ならではのデザイン。
a0110756_17535970.jpg
こちらが上流にある上湖。ちなみに西武ドームはこの背後にある。
a0110756_17573100.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-05-22 22:22 | ■東京・多摩地域 | Comments(0)

江戸東京たてもの園・旧前川国男邸

a0110756_1271510.jpg
◆旧前川国男邸
  ◎設計:前川国男
  ◎施工:大和田建設
  ◎竣工:昭和17(1942)年
  ◎構造:木造
  ◎所在地:東京都小金井市桜町3-7-1・小金井公園内
         ・・・・・旧所在地は東京都品川区上大崎


本日は東京小金井市にある、〔江戸東京たてもの園〕にある建物を紹介させていただきます。この木目と大屋根が印象的なこの建物は、昭和を代表する建築家・前川国男(1905~1986)の自邸として、昭和17年に東京の上大崎に建てられたものです。
昭和17年というと太平洋戦争が開戦した翌年。皆さんもご存じのように昭和に入り日本は軍事体制へと突き進み、昭和10年代に入ると、鉄やコンクリートなどの建築資材にも統制がかけられ、昭和13年あたりを最後に大規模な建造物が建てられなくなります。その後も木材の統制もかけられ、まともな建物は造られなくなったという時代に、前川邸は建てられた訳ですが、柱に使い古しの電柱を使うなど、竣工に至るまで、いろいろと苦心した作品だといいます。
また邸宅内は一部にロフトを置く、とても広い空間になっているのが特徴。この旧前川邸に訪れるたび思い出すのが、前川の代表作の一つである東京上野の文化会館。建物の規模こそ違いますが、あの独特の広がりのある空間には共通するものを感じてしまいます。戦争や時勢に関係なく、建築家の想像力は無限に広がっていったのだなと思わせてくれる素敵な邸宅です。

a0110756_1395688.jpg
a0110756_128587.jpg
a0110756_129098.jpg
a0110756_132298.jpg
a0110756_1332690.jpg
a0110756_1343177.jpg
a0110756_135281.jpg
a0110756_1363831.jpg
a0110756_1385795.jpg
a0110756_1382759.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-01-23 00:11 | ■東京・多摩地域 | Comments(4)