カテゴリ:■東京・23区( 67 )

明治学院礼拝堂(チャペル)

a0110756_18572665.jpg
◆明治学院礼拝堂(チャペル)
  ◎設計:ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
  ◎施工:田林寅之助
  ◎竣工:大正5(1916)年
  ◎構造:煉瓦造り、一部木造
  ◎所在地:東京都港区白金台1-2-37
   ❖東京都選定歴史的建造物


前回紹介させていただいたインブリー館、また記念館と並び明治学院の顔と言えるのが、こちらのチャペルでしょう。
他の2軒は明治20年代の竣工ですが、こちらの建物は、それより20数年後の大正5年にヴォーリズ事務所の設計により竣工したものです。なおヴォーリズの東京における初期作品とも知られています。東京を代表する宗教建築の一つとも言える作品です。
a0110756_18592478.jpg
a0110756_185951100.jpg
a0110756_1903913.jpg
a0110756_191364.jpg
a0110756_192085.jpg
a0110756_1955175.jpg
a0110756_19453100.jpg
a0110756_1937187.jpg
a0110756_1963847.jpg
a0110756_1972734.jpg
a0110756_19101287.jpg
a0110756_19124993.jpg
a0110756_19112439.jpg
a0110756_19132769.jpg
a0110756_19133851.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-11-08 20:08 | ■東京・23区 | Comments(0)

明治学院インブリー館

a0110756_10423453.jpg
◆明治学院宣教師館(インブリー館)
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治22(1889)年ころ
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:東京都港区白金台1-2-38
   ❖国指定重要文化財


先週、明治学院の学園祭で校内にあるインブリー館、記念館、チャペルの内部公開されるとのことで、久々に明治学院へ出かけて参りました。
このインブリー館は明治22年ころに宣教師の住居として建てられたもので、ここの館のかっての主・インブリーの名にちなみに現在の名称が付けられたとのことです。恐らく下見板張りの木造洋館としては、東京最古のものと思われます。また内部を見学して驚いたのは、明治20年代に建てられた建物にしては洋風の純度が高いということです。例えば地方に現存する宣教師館などは、建設にあたった棟梁の味が和風の意匠として見られるパターンが多いのですが、このインブリー館はまさに絵に描いた洋館という感じでした。恐らく建設にあたっては外国人建築家が徹底的に施工指導をおこなったのでしょうか、いろいろと想像が膨らむ建物であります。
またこの建物、昭和40年代の新校舎建設にあたり解体も検討されたと時期もあったといいますが、現在地に移築され学校のシンボルとして多く人に親しまれています。
a0110756_10395134.jpg
a0110756_10441629.jpg
a0110756_10453798.jpg
a0110756_10471113.jpg
a0110756_10483445.jpg
a0110756_1050484.jpg
a0110756_10514116.jpg
a0110756_1054318.jpg
2階ベランダより。ガラス越しに見えるのはヴォーリズ事務所設計のチャペル(大正5年築)。
a0110756_10565526.jpg
a0110756_10581674.jpg
a0110756_111232.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-11-07 11:35 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京港区の白金ハウス(旧スリランカ領事館)

a0110756_23364468.jpg
◆白金ハウス(旧渡辺甚吉邸)
  ◎設計:遠藤健三
  ◎施工:エンド建築工務所
  ◎竣工:昭和9(1934)年
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:東京都港区白金台5-21


今回紹介する白金ハウスは、港区の白金台にある昭和9年竣工の洋館。
もとは渡辺甚吉邸の邸宅として建てられたものですが、最近までスリランカ大使館として使われていたので、そちらの名称の方が馴染みがあるという方も多いかも知れません。
遠くからでも見える白壁とハーフティンバーが印象的なこの建物ですが、大正末から昭和初期の文化住宅をリードした〔あめりか屋〕に在籍したこともある、遠藤健三という人物の設計とのこと。大使館時代は門がよく開けられていたので、中を覗いたことがありますが、玄関周りや1階も素敵なデザインだったと記憶しております。比較的小さな建物ですが、凝縮されたデザインは東京でも屈指の邸宅と言えるのではないでしょうか。

a0110756_23392755.jpg
a0110756_23432953.jpg
a0110756_23443554.jpg
a0110756_23403365.jpg
a0110756_23421657.jpg
a0110756_23461853.jpg
a0110756_2338182.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-09-27 00:27 | ■東京・23区 | Comments(0)

旧日本興業銀行・みずほコーポレート銀行本店

a0110756_21521740.jpg
◆旧日本興業銀行本店
  ◎設計:村野藤吾(村野・森建築事務所)
  ◎施工:大林組
  ◎竣工:昭和49(1974)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造り
  ◎所在地:東京都千代田区丸の内1-3-3


このところの丸の内は再開発ブームで、以前あった建物の倍以上の高さがある高層ビル群が雨後の筍のごとく次々と建てられていますが、そのような丸の内にあっていぶし銀のような輝きを見せているのが、みずほコーポレート銀行の本店です。
この建物は昭和49(1974)年に、日本興行銀行本店として建築家・村野藤吾の設計より建てられたもの。なお村野は渡辺節の建築事務所に在籍していた大正10年代に、先代の同銀行本店の設計にも関与したとのことです。
そしてこの建物を見るたびに圧倒されるのが、建物の長さとその存在感。建て替え前の興銀本店の写真と現在の建物を比較してみると、縦の列柱状のデザインがある場所は先代の興銀が建っていたところのようで、個人的な推測になってしまいますが、恐らく先代の旧本店のイメージを継承したところではないかと思われます。
またこの建物最大のハイライトとも言える場所は、冒頭でご覧いただいた北側のデザイン。古典建築様式やその時代のモダンデザインを超越した村野ワールドがそこには広がっています。丸の内に立ち寄った際には、実物を見て圧倒されて欲しい昭和日本建築界の巨匠の名作です。

a0110756_21545016.jpg
a0110756_21563373.jpg
a0110756_21575450.jpg
a0110756_21585410.jpg
a0110756_220411.jpg
a0110756_2335296.jpg
a0110756_223760.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-08-21 21:21 | ■東京・23区 | Comments(2)

東京・八重洲のダイビル

a0110756_235394.jpg
◆八重洲口大阪ビルディング
  ◎設計:村野藤吾(村野・森建築事務所)
  ◎竣工:昭和42(1967)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造り
  ◎所在地:東京都中央区京橋1-1-1


東京駅前より延びる幹線道路・八重洲通にあるダイビル(大阪ビルディング)も、村野藤吾の設計作品になります。
竣工は昭和42年とのことですが、当時最新の健在だったアルミを窓枠に使い、その間には黒花崗岩を連続的に配置したデザインが印象的です。
そしてこのビルディングのデザインでもう一つの主役が窓ガラス。窓ガラスの反射に淡く写る周辺のビルや空が、単調な都市の景観にちょっとした意外な発見を与えているのではないかとも考えてしまいます。
そして一階上の外壁には、村野作品の十八番ともいえるモザイクタイルの装飾に、小型のプランターが置かれるなど、心憎い演出がされているのもこのビルの見どころと言えるでしょう。
竣工当初は屋上の排気搭が今のものよりもっと高かったそうですが、村野藤吾が作り上げた都市の芸術品の魅力はまったく色褪せていないと思います・・・・。

a0110756_2363681.jpg
a0110756_2374646.jpg
a0110756_2385319.jpg
a0110756_23101874.jpg
a0110756_23112986.jpg
a0110756_23123577.jpg
a0110756_23133912.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-08-15 00:15 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京日本橋の高島屋新館

a0110756_8492658.jpg
◆高島屋新館(日本生命東京総局)
  ◎設計:村野藤吾(村野・森建築事務所)
  ◎竣工:昭和29(1954)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造り
  ◎所在地:東京都中央区日本橋2-11


村野藤吾の隠れた名作としてお勧めしたいのが高島屋の増築棟。どちらかというと中央通り沿いの旧館がよく知られていますが、その背後は村野設計により戦後増築されたものです。
増築部分中央には村野氏らしい搭屋や、壁面を大部分をガラスブロックが覆うなど新しさも持ち合わせていますが、階上部分は旧館の意匠を引き継ぎ全体のバランスを崩さない配慮をしているなど、村野氏のセンスの良さを実感できる作品なのではないかと私は考えております。
道路の奥に足を進めて是非とも見学して頂きたい素敵な場所です。

a0110756_8505714.jpg
a0110756_8521522.jpg
a0110756_8531276.jpg
a0110756_8541142.jpg
a0110756_11513230.jpg
a0110756_8553565.jpg
a0110756_856470.jpg
a0110756_8565827.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-08-14 09:14 | ■東京・23区 | Comments(0)

東京中央区の京橋三丁目ビル

a0110756_845816.jpg
◆京橋三丁目ビル
  ◎設計:村野藤吾(村野・森建築事務所)
  ◎竣工:昭和53(1978)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造り
  ◎所在地:東京都中央区京橋3-1-3


前回は東京日比谷にある村野藤吾の設計作品を取り上げましたが、今回からは中央区・中央通りにある村野作品を3軒ほど紹介したいと思います。
まず最初は京橋の京三ビルは昭和53年の竣工ということなので、村野氏晩年の作品になりますが、村野氏らしさがよく出た作品といえるでしょう。
また向いに建つ第一生命ビル(近日解体予定)と京三ビルの並び立つ姿は、とても絵になる風景です。

a0110756_872345.jpg
a0110756_810278.jpg
a0110756_811460.jpg
ガラスに写るのが第一生命ビル。昭和40年代後半の竣工。
a0110756_8113084.jpg
a0110756_8121341.jpg
a0110756_8133854.jpg
a0110756_892735.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-08-13 23:13 | ■東京・23区 | Comments(2)

東京日比谷の日生劇場

a0110756_22595545.jpg
◆日本生命日比谷ビル
  ◎設計:村野藤吾(村野・森建築事務所)
  ◎施工:大林組
  ◎竣工:昭和38(1963)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造り
  ◎所在地:東京都千代田区有楽町1-1-3


今回からは東京・横浜に残る建築家・村野藤吾(1891~1984)設計作品を幾つか紹介していきたいと思います。
東京で暮らす私が村野作品としてすぐに思い浮かべるのが、日比谷公園や帝国ホテルに隣接して建つ日本生命の日比谷ビルです。正式名称を言うより日生劇場の方が馴染みがある方も多いかも知れません。
私の思い出話になってしまいますが、子供のころにこの劇場で観劇をしたことがありまして、ホール内の無数に貼られたモザイクタイルに感動した記憶があります。どういう内容の出し物だったかの記憶は一切ありませんが、美しい劇場内の感動は何年経っても色褪せないものです。

外観は花崗岩を外壁に張るなど、戦前の建築のような素材の使い方ではありますが、造形は村野藤吾らしい独自の世界が広がっています。花崗岩張りの建物というと重厚や冷たさを感じることもありますが、ざらついた外壁の仕上げは温もりをも感じさせてくれます。
なお竣工当時この隣には、フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテル旧館があった訳ですから、ライトの建築との協調性を持たせるためこのようなデザインにしたのではないかと、このビルを見るたび想像してしまいます・・・・。


a0110756_2323747.jpg
a0110756_2334129.jpg
a0110756_2344443.jpg
a0110756_2354988.jpg
a0110756_237313.jpg
a0110756_2381743.jpg
a0110756_23101937.jpg
a0110756_23113115.jpg
a0110756_23124395.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-08-08 00:08 | ■東京・23区 | Comments(0)

早稲田大学大隈講堂

a0110756_22132995.jpg
◆早稲田大学大隈講堂
   ◎設計:佐藤功一、佐藤武夫
   ◎施工:清水組
   ◎竣工:昭和2(1927)年
   ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造り
   ◎所在地:東京都新宿区早稲田1-6-1 
    ❖国指定重要文化財


先日別プログのほうで早稲田大学の坪内博士演劇記念館を紹介させていただきましたが、早稲田の顔と言えばやはりこの大隈講堂でしょう。
設計は早稲田大学の建築学科の創設者の一人で、その後同大学の主任教授を務めた佐藤功一(1878~1941)と、同校の卒業生でのちに早稲田の教授となった佐藤武夫(1899~1972)によるものです。早稲田といえば私立大学ではじめて建築科を開設し、数多くの建築家を育てたことで知られますが、早稲田の教えをこの講堂で体現したのではと思える風格溢れるデザインです。
東京大学の安田講堂の近寄りがたい雰囲気とは正反対の明るさも、大隈講堂の素晴らしいところだと思えます。

a0110756_22153615.jpg
a0110756_22165179.jpg
a0110756_22174212.jpg
a0110756_22235240.jpg
a0110756_22183452.jpg
a0110756_22212211.jpg
a0110756_22221036.jpg
a0110756_222617100.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-08-05 00:05 | ■東京・23区 | Comments(2)

東京神田川の柳橋

a0110756_18535576.jpg
◆東京・柳橋(神田川)
  ◎設計:東京市
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和4(1929)年
  ◎構造:鋼鉄製
  ◎所在地:東京都中央区東日本橋2~台東区柳橋1


東京の武蔵野台地を源流とする神田川。起伏の激しい東京の谷地を流れ、最後には隅田川へと合流します。その最後に架かるのがこの柳橋です。
こちらも既に取り上げてきた橋と同じく、大正12年の関東大震災後に架設された復興橋梁のひとつで、花町・柳橋ということから〔かんざし〕をモチーフとした橋のデザインになったといわれています。この橋の周辺に停泊する屋形船とこの橋の姿、いつ見ても風情がありますね・・・・・。

a0110756_1931180.jpg
a0110756_18563378.jpg
a0110756_1859083.jpg
a0110756_1902921.jpg
a0110756_1915716.jpg
a0110756_1859204.jpg

a0110756_1965237.jpg
a0110756_1954051.jpg
a0110756_199490.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-26 19:26 | ■東京・23区 | Comments(0)