カテゴリ:■群馬( 4 )

群馬県前橋市の前橋カトリック教会

a0110756_14312778.jpg
◆前橋カトリック教会
  ◎設計:マックス・ヒンデル(Max Hinder)?
  ◎施工:井上工業
  ◎竣工:昭和7(1932)年11月
  ◎構造:鉄筋コンクリート造
  ◎所在地:群馬県前橋市大手町2-14-6
   ❖国登録有形文化財


JR前橋駅前より群馬県庁まで続くケヤキ並木沿いから見えるのが、この前橋カトリック教会の鐘楼。
以前、前橋へ訪れたときは鐘楼があまりにも高いため、「最近建てられたウエディングチャペルだろう」と思い込み素通りしてしまったのですが、後に昭和7年竣工の歴史ある教会建築だということを知り、今回はこちらへと立ち寄った訳です。教会で頂いたパンフレットによると、この二つの鐘楼は国内に建つ鉄筋コンクリート造教会の中でもかなりを高さを誇るものだとのこと。また教会の教会内の説明書きによると、戦前国内で活躍したスイス人建築家:マックス・ヒンデル設計の可能性も考えられるそうです。繊細さと力強さを兼ね備えたとても魅力的な美しい教会でした。

a0110756_14355819.jpg
a0110756_14363633.jpg
a0110756_14374772.jpg
a0110756_14385960.jpg
a0110756_14403093.jpg
a0110756_14421971.jpg
a0110756_14443245.jpg
a0110756_14451076.jpg
a0110756_14432779.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-06-12 00:12 | ■群馬 | Comments(0)

群馬県前橋市の広瀬川美術館

a0110756_13452116.jpg
◆広瀬川美術館、旧近藤嘉男氏アトリエ
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和23(1948)年
  ◎構造:木造モルタル塗り2階建て
  ◎所在地:群馬県前橋市千代田町3-3-10
   ❖国登録有形文化財


こちらの建物は前橋市街を流れる広瀬川の川沿いにある個人美術館。ここより徒歩5分ほどの場所にある橋林寺納骨堂(設計:中村鎮、昭和7年築)を見た帰りに偶然見つけたものです。
一見すると最近建てられたものかとも思いましたが、それと違う一種独特な雰囲気を感じました。また玄関には国登録有形文化財のプレートが貼られており、竣工より半世紀経っている建物だと気付いた訳です。そういう事で帰京後この建物について簡単に調べてみましたが、地元在住の画家・近藤嘉男氏のアトリエと絵画教室として建てられたものこと。
また更に驚いたのは、竣工年が終戦まもない昭和23年ということです。デザイン的には昭和戦前のモダニズムの流れをくむものですが、戦争が終わり規制も制約もなくなり、自由な発表ができるようになった芸術家の晴れた心を代弁してるような爽やかさを感じてしまいました・・・・・。

a0110756_13463591.jpg
a0110756_13475115.jpg
a0110756_13485516.jpg
a0110756_13494258.jpg
a0110756_1352713.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-06-11 11:11 | ■群馬 | Comments(0)

群馬県前橋市の群馬会館

a0110756_6484489.jpg
◆群馬会館
  ◎設計:佐藤功一
  ◎施工:井上工業
  ◎竣工:昭和5(1930)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造3階建て、地下1階
  ◎所在地:群馬県前橋市大手町2-1-1
   ❖国登録有形文化財


群馬会館は前回紹介させていただいた群馬県庁昭和館の向かいに建つ、県関連の施設が入るビルディング。
その県庁舎より2年後にあたる昭和5年に竣工したものですが、設計は県庁舎と同じく当時早稲田大学の教授を務めていた建築家・佐藤功一が担当しています。
建物の外観デザインはヨーロッパ中世のルネサンスをベースにした落ち着いた佇まいですが、細部を観察してみると3階上には八角形の小窓、玄関上のバラストレードや軒周りの角ばった装飾など独特の風合いを醸し出しています。設計者である佐藤功一はこのような角ばった独特のデザインを好んでいたそうで、その好みが反映された作品と言うことになるのでしょう。佐藤功一らしさが出た貴重な現存作品、前橋の初夏の青空と自然の中で際立っておりました。

a0110756_650429.jpg
a0110756_6511647.jpg
a0110756_6523578.jpg
a0110756_6545151.jpg
a0110756_6534452.jpg
a0110756_6555697.jpg
a0110756_65785.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-06-10 23:10 | ■群馬 | Comments(0)

群馬県庁舎・昭和館

a0110756_18233070.jpg
◆群馬県庁昭和館
  ◎設計:佐藤功一
  ◎施工:清水組
  ◎竣工:昭和3(1928)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造3階建て、地下1階
  ◎所在地:群馬県前橋市大手町1-1-1
   ❖国登録有形文化財


先日別プログにおいて群馬県前橋市の旧麻屋デパートを紹介しましたが、こちらのプログではその時に撮影した歴史的建造物を幾つか取り上げていこうと思います。
そういう事で最初に紹介するのが前橋の顔とも言うべき歴史的建造物、群馬県庁舎です。設計は東京の早稲田大学大隈講堂や東京日比谷公会堂・市政会館などが知られる建築家・佐藤功一(1878~1941)が担当していますが、庁舎建築によく見られる威圧的なイメージではなく、とても親しみやすい雰囲気がする建物であります。なお平成に入り建物後方には超高層の新県庁舎が完成しましたが、旧庁舎を壊すことなく修繕を施し使い続けているというのも、県関係者のこの建物に対する思い入れを感じることができます。また庁舎周辺の広々とした芝生も、この建物を更に素晴らしく際立たせています。歴史的建造物の理想的な活用だなとこの県庁舎を見て感じた私でした。
a0110756_18255828.jpg
a0110756_18271985.jpg
a0110756_1825782.jpg
a0110756_1828226.jpg
a0110756_18312439.jpg
a0110756_18305085.jpg

a0110756_18331890.jpg
a0110756_18352490.jpg
a0110756_18363394.jpg
a0110756_18375661.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-06-09 19:09 | ■群馬 | Comments(0)