明治学院インブリー館

a0110756_10423453.jpg
◆明治学院宣教師館(インブリー館)
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治22(1889)年ころ
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:東京都港区白金台1-2-38
   ❖国指定重要文化財


先週、明治学院の学園祭で校内にあるインブリー館、記念館、チャペルの内部公開されるとのことで、久々に明治学院へ出かけて参りました。
このインブリー館は明治22年ころに宣教師の住居として建てられたもので、ここの館のかっての主・インブリーの名にちなみに現在の名称が付けられたとのことです。恐らく下見板張りの木造洋館としては、東京最古のものと思われます。また内部を見学して驚いたのは、明治20年代に建てられた建物にしては洋風の純度が高いということです。例えば地方に現存する宣教師館などは、建設にあたった棟梁の味が和風の意匠として見られるパターンが多いのですが、このインブリー館はまさに絵に描いた洋館という感じでした。恐らく建設にあたっては外国人建築家が徹底的に施工指導をおこなったのでしょうか、いろいろと想像が膨らむ建物であります。
またこの建物、昭和40年代の新校舎建設にあたり解体も検討されたと時期もあったといいますが、現在地に移築され学校のシンボルとして多く人に親しまれています。
a0110756_10395134.jpg
a0110756_10441629.jpg
a0110756_10453798.jpg
a0110756_10471113.jpg
a0110756_10483445.jpg
a0110756_1050484.jpg
a0110756_10514116.jpg
a0110756_1054318.jpg
2階ベランダより。ガラス越しに見えるのはヴォーリズ事務所設計のチャペル(大正5年築)。
a0110756_10565526.jpg
a0110756_10581674.jpg
a0110756_111232.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-11-07 11:35 | ■東京・23区 | Comments(0)
<< 明治学院礼拝堂(チャペル) 茨城県石岡市の町並み >>