東京・八重洲のダイビル

a0110756_235394.jpg
◆八重洲口大阪ビルディング
  ◎設計:村野藤吾(村野・森建築事務所)
  ◎竣工:昭和42(1967)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造り
  ◎所在地:東京都中央区京橋1-1-1


東京駅前より延びる幹線道路・八重洲通にあるダイビル(大阪ビルディング)も、村野藤吾の設計作品になります。
竣工は昭和42年とのことですが、当時最新の健在だったアルミを窓枠に使い、その間には黒花崗岩を連続的に配置したデザインが印象的です。
そしてこのビルディングのデザインでもう一つの主役が窓ガラス。窓ガラスの反射に淡く写る周辺のビルや空が、単調な都市の景観にちょっとした意外な発見を与えているのではないかとも考えてしまいます。
そして一階上の外壁には、村野作品の十八番ともいえるモザイクタイルの装飾に、小型のプランターが置かれるなど、心憎い演出がされているのもこのビルの見どころと言えるでしょう。
竣工当初は屋上の排気搭が今のものよりもっと高かったそうですが、村野藤吾が作り上げた都市の芸術品の魅力はまったく色褪せていないと思います・・・・。

a0110756_2363681.jpg
a0110756_2374646.jpg
a0110756_2385319.jpg
a0110756_23101874.jpg
a0110756_23112986.jpg
a0110756_23123577.jpg
a0110756_23133912.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-08-15 00:15 | ■東京・23区 | Comments(0)
<< 旧日本興業銀行・みずほコーポレ... 東京日本橋の高島屋新館 >>