東京三田の簡易保険事務センター

a0110756_651778.jpg
◆簡易保険事務センター(旧簡易保険局)
  ◎設計:逓信省経理局営繕課
  ◎施工:大林組
  ◎竣工:昭和4(1929)年3月
  ◎構造:鉄筋コンクリート造り3階建て
  ◎所在地:東京都港区三田1-4


このところ港区に残る近代建築を紹介していますが、これからは少し南に進み三田の建物をご覧いただきたいと思います。
そういう事で今回紹介するのは、旧簡易保険局。逓信局の設計により昭和4年に竣工したものです。なお東京都内では数少ない戦前築の逓信建築でもあります。なお前回の旧貯金局は麻布台の高台にありましたが、こちらもやはり三田の高台に鎮座しています。立地的なこと、昭和初期に建てられたということもあるのでしょうか、どことなく似た雰囲気を漂わす建物です。
あとこの建物を見るたび気にかかるのが、玄関車寄せ上に備え付けられた照明器具。1920年代らしい色とりどりの配色が施されたモダンなものです。ティファニー社の製品にもこのようなデザインのものがありますので、もしかしたら当時の舶来品がそのまま使われているのも知れません。

a0110756_6533467.jpg
a0110756_6554729.jpg
a0110756_6565259.jpg
a0110756_6584040.jpg
a0110756_6593458.jpg
a0110756_70347.jpg
a0110756_711597.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-12 00:12 | ■東京・23区 | Comments(0)
<< 東京三田の三井倶楽部 東京・麻布郵便局、郵政総合研究所 >>