横浜山手の34番館

a0110756_2317867.jpg
◆山手34番館
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正12(1923)年、関東大震災以降
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:神奈川県横浜市中区山手町34


今回紹介する邸宅は山手本通りに建つもので、一般公開はおこなわれていませんが、山手に現存する戦前築の洋館の中ではトップクラスに入る優れた作品です。
比較的小振りな作りではありますが、腰折れ式のマンサール型屋根、2階部分のスレート葺きなど、重厚感ある佇まいは周辺の建物とは違う存在感を放っています。また2階外壁にスレートが葺かれていることもあり、神戸・北野異人館の〔うろこの家〕を連想する方もいらっしゃるかも知れません。個人の所有ということで公には紹介されることは殆どありませんが、ハマ版・うろこの家とアピールをしたくなるような存在です。

そしてこの邸宅も、山手に現存する洋館と同じく関東大震災後に建てられたものと言います。震災を機に横浜で暮らしていた外国人の殆どは、神戸をはじめ他の町に転居し、これ以降山手では小中規模の邸宅が多く建てられたといいます。山手34番館も、この当時建てられた山手の洋館と同様シンプルな作りですが、「この先も私は横浜で暮らし続けるのだ!」という当時の施主の意志を私は感じてしまいます。
また数年前に大規模な改修がおこなわれ、ご覧のように輝いた姿になっています。一般の方が所有されているので、迷惑にならない程度に見学して頂きたい横浜の名邸宅のひとつです。

a0110756_23195168.jpg
a0110756_23184162.jpg
a0110756_23213482.jpg
a0110756_23221191.jpg
a0110756_23235812.jpg
a0110756_23252145.jpg
a0110756_23262919.jpg
こちらは34番館の近くにある洋館。これも関東大震災後に建てられたもののよう。
[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-07-03 00:00 | ■横浜・山手
<< カトリック横浜司教館別館(山手... 横浜山手のブラフ18番館 >>