丸石ビルディング(太洋商会ビル)

a0110756_951363.jpg
◆丸石ビルディング(太洋商会)
  ◎設計:山下寿郎
  ◎施工:竹中工務店
  ◎竣工:昭和6(1931)年
  ◎構造:鉄骨・鉄筋コンクリート造り6階建て
  ◎所在地:東京都中央区鍛冶町1-10-4
  ★国指定登録有形文化財


古くからの東京のメインストリートの一つである中央通り。その通りの神田駅と日本橋の中間くらいの位置にあるのが、老舗自転車メーカーとして知られる丸石が戦前に建てた、クラシカルな雰囲気漂うビルディング。
設計は戦前を代表する建築家のひとり、山下寿郎(1888~1983)の建築事務所が担当しています。外観は1900年代初頭のアメリカで流行していたオフィスビルディングの影響がみられるもので、外壁の茶色のタイル張りはいかにも昭和初期らしいもの。また1階のアーチも中央通りから目を引くものになっています。
均整のとれた外観だけでも、このビルは一見の価値はありますが、更に美しさを際立たせているのは、1階に付けられた数々の装飾。玄関脇に鎮座しているライオンをはじめ、梟や山羊など数々の動物が散りばめられています。お近くを通った時には、このビルで都会の動物探しをしてみるのも面白いかも知れません。

a0110756_16331841.jpg
a0110756_0482637.jpg
a0110756_0473526.jpg
a0110756_0502047.jpg
a0110756_0525280.jpg
a0110756_05346100.jpg
a0110756_0543532.jpg
a0110756_0584373.jpg
a0110756_0553597.jpg
a0110756_0563688.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2009-01-19 23:23 | ■東京・23区
<< 東京・京橋の明治屋ビル 旧岩崎家邸宅 >>