北九州市門司区の新海運ビル

a0110756_941997.jpg
◆新海運ビル
  ◎設計:門司市土木課
  ◎施工:木下組
  ◎竣工:昭和5(1930)年ころ
  ◎構造:鉄筋コンクリート造3階建て
  ◎所在地:福岡県北九州市門司区西海岸1-4-16


この新海岸ビルは、門司港駅から旧大連航路上屋(昭和4年築)方面へ進んだ国道199号沿いに建つビルです。
今ではお洒落な雑貨店が多く入居し、ガイドブックなどでも紹介されるこのビルですが、昭和5年ごろに門司市土木課の設計により建てられたものです。旧大連航路上屋の時にも解説しましたが、昭和初期の門司港では従来の港が手狭になったため、西海岸に新たな埠頭を築港しました。その頃に建てられたのがこのビルだった訳ですが、竣工時はビルの背後は海でした。当時は海運関係の事務所が多く入居していたと想像されます。
現在では外壁が改修されたり、背後に黄色いペンキが塗られていたりして、竣工時の雰囲気は偲べませんが、建物背後のアーチ窓はこの建物が歴史ある建造物であることを気づかせてくれます。また階段室の装飾などは、アールデコ調になっており設計者のセンスを窺える箇所であります・・・・・。

a0110756_9421477.jpg
a0110756_9423393.jpg
a0110756_1013825.jpg
a0110756_1152849.jpg
a0110756_10141627.jpg
a0110756_10144618.jpg
a0110756_10163783.jpg
a0110756_10173093.jpg
a0110756_10181263.jpg
a0110756_1020230.jpg
a0110756_10202752.jpg
ちなみに駐車場になっている場所は以前は海だった。
a0110756_1021340.jpg
a0110756_10234818.jpg
a0110756_1026188.jpg
a0110756_10263344.jpg
a0110756_1027178.jpg
a0110756_10273847.jpg
a0110756_10291192.jpg
a0110756_10293968.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2015-08-29 10:29 | ■北九州・門司
<< 東京東久留米市の村野家住宅(顧想園) 北九州市門司区の料亭三宜楼 >>