土浦日本聖公会聖バルナ教会

a0110756_892241.jpg
◆土浦日本聖公会聖バルナ教会
   ◎設計:佐藤吉三郎
   ◎施工:不詳
   ◎竣工:昭和5(1930)年
   ◎構造:木造モルタル塗り平屋
   ◎所在地:茨城県土浦市中央1-15-6


先日、別ブログにて函館市末広町にある函館市地域交流まちづくりセンター(旧丸井今井百貨店函館支店、大正12年築)を取り上げました。
この建物、国内に多く現存するデパート建築と同様、時代の変遷とともに増改築を重ね、竣工当初は3階建てだったものが昭和初めには5階建てへと変貌を遂げました。しかし2000年代に入り、この建物を函館市が市民向けの施設に改修するにあたり、竣工当時の3階建ての姿を復原しています。またこの復原に関しては、増築部分の搭屋を残しつつ竣工当時の箇所も再現するという、物凄くアンバランスな出来になりましたが、竣工当初のドームは多くの人を魅了する素晴らしいデザインであります。

そのような時期に、私が東京の図書館で見つけたのが、丸井今井百貨店函館店の竣工に関する新聞記事。そこには東京の建築士・佐藤吉三郎(1874~1934)が、丸型ドームを持つ美しいデパート建築を設計したと記されていました。
この佐藤吉三郎、 [歴史が眠る多磨霊園]というホームページによると、福島県の出身。明治37(1904)年に東京高等工業学校(現東京工大)の建築科を卒業し、陸軍省委託の技師を務めた後、大正3年に東京において自身の建築事務所を設立しています。この佐藤、その後どのような建築設計を手掛けたのか詳細は謎ですが、佐藤吉三郎という設計者が記録されているのが茨城土浦の教会であります。昭和5年の竣工と言いますから、佐藤晩年の作品となる訳です。佐藤はカトリック信者だったそうですが、素朴ながら力強さを感じさせる美しい教会でした。

a0110756_8494021.jpg
a0110756_850165.jpg
a0110756_852488.jpg
a0110756_8523273.jpg
a0110756_8525274.jpg
a0110756_853124.jpg
a0110756_8532897.jpg
special thaks to・・・・mr.es
[PR]
by tokyo-farwest-net | 2014-11-01 11:01 | ■茨城 | Comments(0)
<< 旧日本郵船門司支店(門司郵船ビル) 東京銀座の教文館・聖書館ビル >>