東京銀座の教文館・聖書館ビル

a0110756_655222.jpg
◆教文館・聖書館ビル
  ◎設計:アントニン・レーモンド
  ◎施工:清水組
  ◎竣工:昭和8(1933)年
  ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造8階建て
  ◎所在地:東京都中央区銀座4-5-1


 先日、別ブログで銀座4丁目の和光本館・旧服部時計店(昭和7年築)を紹介させていただきましたが、そのすぐそばにあるのが教文館ビルです。一見した限りでは築30~40年の建物に見えますが、竣工は和光本館の竣工の翌年にあたる昭和8年で、その頃の外観は直線を強調したアールデコ風の洒落たものだったといいます。
 またこのビルの設計は、チェコ出身のアメリカ国籍の建築家:アントニン・レーモンド(Antonin Raymond、1888~1976)が手掛けています。教文館・聖書館はアメリカメゾシストの団体なので、その縁でレーモンドが設計をおこなうようになったと想像されます。外観は竣工当初の面影を残す場所は全くありませんが、聖書館・教文館を結ぶエントランスには、美しいアールデコの装飾が施されています。この近くに立ち寄った際には、是非この美しい空間を堪能してみて下さい・・・・。

a0110756_694532.jpg
a0110756_6112153.jpg
a0110756_612189.jpg
a0110756_6124222.jpg
a0110756_6173559.jpg
a0110756_6181065.jpg
a0110756_6201477.jpg
a0110756_6142838.jpg
a0110756_6182757.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2014-05-31 06:31 | ■東京・23区 | Comments(0)
<< 土浦日本聖公会聖バルナ教会 JR総武線・両国駅舎 >>