東京文京区の旧麻田駒之助邸

a0110756_11304139.jpg
◆旧麻田駒之助邸
  ◎設計:保岡勝也
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:大正10(1921)年、大正12(1923)年
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:東京都文京区西片
   ❖国登録有形文化財


先月、久しぶりに訪れたのが文京区の西片。東京の地理に詳しい人でないとピンと来ない地名かも知れませんが、東京大学の本郷キャンパスの西側にある古くからの高級住宅街です。東京の高級住宅街というと高台に位置しているものが殆どですが、この西片もその例に洩れず本郷の小高い山の上にあります。また古くからの住宅街という事もあり、町の所々に年代物の古い屋敷が残り、この町の歴史の長さを今に伝えています。
さてそのような西片にある代表的な屋敷と言うのが、この旧麻田駒之助邸です。この麻田氏、中央公論社の初代社長を務めた人物で、大正10年から12年にかけて建てられたのが冒頭の写真でご覧頂いた邸宅になります。設計は三菱の技師長を務めた経験もある建築家・保岡勝也(1877~1942)によるもの。保岡といえば川越の旧八十五銀行本店の設計などが知られますが、得意分野は住宅の設計。その現存作品がこの邸宅になる訳です。当時の日本住宅は和洋の生活スタイルをいかに融合させるかという事が主題に置かれていましたが、こちらでは和洋を分離させるという手法を用いています。無理に実験的な事をやるよりも、無難な手法でその難題を解決させたと言ったところじょうか。西片という町にピッタリの落ち着いた邸宅であります・・・・・。

a0110756_11333552.jpg
a0110756_11352132.jpg
a0110756_1136174.jpg
a0110756_11373528.jpg
a0110756_113857.jpg
a0110756_11382715.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2011-06-11 11:11 | ■東京・23区 | Comments(0)
<< 岩手県盛岡市の開運橋 京都三条の平楽寺書店 >>