日本女子大学成瀬記念講堂

a0110756_1844080.jpg
◆日本女子大学成瀬記念講堂
  ◎設計:田辺淳吉
  ◎施工:清水組
  ◎竣工:明治39(1906)年
  ◎構造:木造・・・・竣工時は煉瓦造り
  ◎所在地:東京都文京区目白台2-8-1
   ❖文京区指定文化財


明治39年築の成瀬記念講堂は、日本女子大学のシンボルとも言える建造物です。
設計は東京北区の飛鳥山にある晩香盧青淵文庫、世田谷区瀬田から深谷市に移築された誠之堂などの設計を手掛けた建築家の田辺淳吉(1879~1926)によるもので、当初は煉瓦造りで竣工。しかし大正12年の関東大震災で外壁が崩壊したため、その後に木造へと改築されたのが今回ご覧頂いている姿だといいます。
なお講堂内は竣工当時からの箇所が数多く残っているそうで、中世の教会風のハンマービームの架構などは時おり建築案内などで紹介されていますが、いつの日かその美しさをこの目で実際に確かめてみたいものです。大正のモダン建築文化の一頁を彩った田辺淳吉の初期作というこもあり、その内部がとても気になる作品であります。

a0110756_7111929.jpg
a0110756_1883419.jpg
a0110756_1893471.jpg
a0110756_18103738.jpg
a0110756_18114785.jpg
a0110756_18131944.jpg
a0110756_1816781.jpg
a0110756_18144543.jpg
a0110756_18171133.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-04-04 00:04 | ■東京・23区
<< 東京都江東区の御船橋 同潤会上野下アパート >>