東京雑司ヶ谷の旧マッケーレブ邸

a0110756_18332150.jpg
◆マッケーレブ邸(雑司ヶ谷旧宣教師館)
  ◎設計:不詳
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:明治40(1907)年
  ◎構造:木造2階建て
  ◎所在地:東京都豊島区雑司ヶ谷1-25-5
   ❖東京都指定文化財


先週末に訪れたのが豊島区雑司ヶ谷にある旧マッケーレプ邸。ここへ訪れるのは本当に久しぶりで、10年振りになるでしょうか。地下鉄副都心線の雑司ヶ谷駅を下車し、池袋周辺に次々と建てられた高層マンションの多さに驚き、ついついそちらの方ばかりに気をとられ歩いた訳ですが、雑司ヶ谷の懐かしい街並みは相変わらず変わっておらず、ちょっと一安心しました。
さてこのマッケーレプ邸ですが、アメリカ出身の宣教師:J・M・マッケーレプの自邸として明治40年に建てられたもので、東京に現存する明治期竣工の木造洋館の一つであります。なおマッケーレプはこの土地に雑司ヶ谷学院を開設、それと同時に建てたのがこの邸宅だったといいます。
またその外観は、マッケーレプの故郷のアメリカにありそうなとても明るい下見板張りのデザインが特徴としてあげられます。あと個人的に明治末に竣工した宣教師館と言うと、〔ホワイトハウス〕の名称で親しまれている遺愛学院宣教師館(明治41年築)を思いだしてしまいますが、函館の宣教師館と比較すると積雪の殆どない東京に建てられたという事もあるのでしょうか、積雪や防寒対策のためどちらかと言うとずっしりした感じに建てられた函館の宣教師館と比較すると、とてもライトな印象を受けてしまいます。同じアメリカ風の下見板建築でも、日本の風土に適応した設計がされているのも面白いものだなと思った今回の訪問でした・・・・・。

a0110756_18354720.jpg
a0110756_1837587.jpg
a0110756_18382143.jpg
a0110756_18395573.jpg
a0110756_18405863.jpg
a0110756_18445470.jpg
a0110756_18462033.jpg
a0110756_18471938.jpg
a0110756_18491216.jpg
a0110756_185052100.jpg
a0110756_18521083.jpg
a0110756_1855257.jpg
a0110756_1857473.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-03-30 20:30 | ■東京・23区 | Comments(0)
<< 東京都慰霊堂、旧震災記念堂 東京千代田区の九段下ビル(旧今... >>