東京千代田区の九段下ビル(旧今川小路共同建築)

a0110756_11581613.jpg
◆九段下ビル(旧今川小路共同建築)
  ◎設計:南省吾、震災復興助成社
  ◎施工:不詳
  ◎竣工:昭和2(1927)年
  ◎構造:鉄筋コンクリート造3階建て
  ◎所在地:東京都千代田区神保町3-4


この古びたビルディングは、地下鉄九段下駅そば日本橋川の畔にあるものです。
現在は九段下ビルと呼ばれていますが、もともとは震災復興助成社の今川小路共同建築として昭和2年に建てられたもの。大正12年の関東大震災後の不燃建築促進のために建てられた、震災復興建築の一つであります。なおこのビルディングの建築主である震災復興社は同ビルの建設に際し、1階と2階部分を店主の店舗兼住宅、また3階部分を貸し部屋にし建設費の負債返済に充てようと計画したそうですが、当初のシナリオ通りには事は進まず多くの負債を抱えたまま解散したとの事です。ちなみに戦前、この建物のような不燃素材の共同建築を建てる事例や計画は幾つかあったようですが、現存する建物などから考えると実現に至るまで難しいプロジェクトだったと推測されます。
またこの九段下ビル、以前は1階部分に万遍なくテナントが入居する活気あふれるビルでしたが、現在ではそのテナントも少しずつ撤退。また外壁には防護用のネットが貼られ、近いうちに解体されるようです・・・・。

❖参考・・・・・・「建築探偵入門」東京建築探偵団著、1986年、文藝春秋社刊
a0110756_11594586.jpg
a0110756_1204164.jpg
a0110756_1212932.jpg
a0110756_1223439.jpg
a0110756_1243998.jpg
a0110756_1254694.jpg
a0110756_1271144.jpg
a0110756_1283365.jpg

[PR]
by tokyo-farwest-net | 2010-03-26 01:26 | ■東京・23区 | Comments(2)
Commented by ねりま99 at 2010-03-26 15:01 x
ネットが張られていて廃ビルのように見えますがまだ現役なんですよね。すごいです。
Commented by tokyo-farwest-net at 2010-03-27 07:31
ねりま99さま、はじめまして。
この九段下ビルですが、下の写真をご覧いただければお分かりのように、入居しているテナントはあと僅かです。
靖国通り沿いには年代物のビルが結構な数ありましたが、このところその殆どが姿を消してます。例えリニューアルしても三階建てのビルだと今の尺度には付いていけないのでしょうかね・・・・。
<< 東京雑司ヶ谷の旧マッケーレブ邸 川越の旧山吉デパート >>